Menu
(0)

Search

マーベル、アイアンマンやキャプテン・アメリカ役俳優の世代交代を予定!でも「今すぐじゃない」

マーベル・コミックが2016年に発表した最大のサプライズは、おそらく「トニー・スターク引退、黒人少女が後継者に」のニュースだろう。しかも作り手たちは、この世代交代をパラレルワールドではなく正史でやってのけたのだ。この展開はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のファンにも衝撃を与え、「アイアンマンをロバート・ダウニー・Jr.が演じなくなるのでは?」「クリス・エヴァンスもいつまでキャップを演じてくれるのか……」という声も聞かれた。

しかし今回、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長はファンの不安を払拭してくれた。社長によると、MCUでも世代交代は起きるが、それは今すぐの話ではないという。

いつか来る「交代の日」のために

これからのMCUは、『ドクター・ストレンジ』の公開を皮切りに、スパイダーマンやブラック・パンサー、キャプテン・マーベルなど新ヒーロー/ヒロインの単独映画が相次ぐ。そこでナショナル・ポスト誌は、MCUをフェーズ1から牽引してきたヒーローの今後についてファイギ社長に尋ねている。

同誌が提案した可能性は2つだ。コミックのトニー・スタークのように若い世代を導くヒーローとなるのか、それとも俳優を一新してのリブートになるのか……。これに対してファイギ社長は「どちらもありうると思うよ」と答えた。

「マーベルのキャラクターは50年以上も存在するんだ。そして、比較的年を取らない。通常よりも若かったり老けていたりする別のストーリーも時々あるけど、ほとんどは一定の年齢を守りつづけている。彼らのほとんどは象徴なんだよ。ジェームズ・ボンドやバットマンのように、スパイダーマン、アイアンマンもそうだ。いつか別の俳優が演じる時が来るだろう」

アイアンマンの初登場時カバー(1963年) http://www.comicbookbrain.com/large-tales-of-suspence-1963-iron-man-cover-jack-kirby.php
アイアンマンの初登場時カバー(1963年)

http://www.comicbookbrain.com/large-tales-of-suspence-1963-iron-man-cover-jack-kirby.php

しかしファイギ社長は、その一方で「世代交代」がもうしばらく先になることも明かしている。

「今のところ良いニュースは、(交代を)長らく考えなくていいことさ。これからも同じキャスティングでストーリーを長く展開させるよ」

現在マーベル・スタジオは、次回作『ドクター・ストレンジ』のあと、2020年公開予定の『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』まで作品ラインナップを発表している。しかし「これからも」「長く」という言葉を信じるなら、それ以降もMCUの世代交代は心配しなくてもいいのかもしれない。

しかしいつかは、ロバート・ダウニー・Jr.のアイアンマンやクリス・エヴァンスのキャプテン・アメリカ、その他のヒーローたちも新たな俳優たちに一新されることだろう。その時どんな風に楽しませてくれるのか、交代劇も含めてエンターテインメントとして楽しみにしたいものだ。

source: http://www.torontosun.com/2016/10/26/robert-downey-jr-as-iron-man-will-marvel-replace-its-biggest-star

Eyecatch Image:http://ja.fanpop.com/clubs/robert-downey-jr/images/29443778/title/robert-downey-jr-tony-stark-iron-man-iron-man-2-screencap

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly