メイプル超合金 安藤なつはジャガーノート?カズレーザーのマーベル愛が光った『マーベル展』オープニングセレモニー完全レポート

2017年4月7日(金)、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、マーベル史上最大規模の大型総合展『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界(以下マーベル展)』がオープン日本初公開となる貴重な資料、衣裳や小道具など約200点の展示など、過去から現在に至るまでのマーベルとその世界観を余すところなく紹介。単なる「ヒーロー作品」の枠組みを超え、ヒーローたちが“ひとりの人間“として苦悩や葛藤を抱えながらも、それぞれの正義を背負って戦い、成長する姿を描いた作品として、多くの文化や人々に影響を与えるマーベルの魅力に迫る内容だ。

一般公開日の直前日となる4月6日(木)には、大注目のマーベル展のプレビューイベントが開催。オープニングセレモニーでは、この展示会のためにマーベルNY本社から来日したシニア・バイスプレジデント&エグゼクティブ・エディターのトム・ブリーヴォートと、M-1グランプリ2015の決勝戦で強烈なインパクトを残し、もはやテレビで観ない日はないほどの人気お笑いコンビとなったメイプル超合金が登場。マーベル愛と笑いに溢れるトークでマーベル展のキックオフを祝った。

『マーベル展』開催を祝ったメイプル超合金

©THE RIVER

©THE RIVER

「あっ、すいませぇ〜ん、メイプル超合金のカズレーザーでーす。」飄々と登場して見せたカズレーザーは、トムの後ろについた通訳さんに対し「日本のドナルド・トランプですとお伝え下さい」とボケてみせた。ややウケのトムを見て、「失笑中の失笑でしたね〜」とコメント。メイプル超合金の2人は、巨大アイアンマンを見上げ「メチャクチャデカいですね。細部まで作り込まれてますね」と驚いた様子を見せ、カズレーザーは「お手頃な値段だったら買って帰りたいですね」と興味津々。

©THE RIVER

©THE RIVER

全長5mの巨大アイアンマンが点灯

『マーベル展』の見どころの一つといえば、メインエントランスで来場者を出迎える全長5メートルの巨大アイアンマン。期間中日は没後から22時までの間は、30分に1度ライトショーが開催され、巨大なアイアンマンが音楽と共にライトアップされるが、この日はトムとメイプル超合金の3人によって点灯式が開催。メイプル超合金の2人とトムの3人でスイッチに手をかざし、カウントダウンと共にスイッチオン。会場は暗転し、ド迫力の音楽と美しいライティングと共に巨大アイアンマンが点灯。まるで命が吹き込まれたかのようなアイアンマンを見上げ、安藤なつは「今にも動き出しそう」と大興奮。

©THE RIVER

©THE RIVER

ステージ上の3人と見比べてもらえれば、アイアンマンの巨大ぶりと迫力がよくわかるだろう。

©THE RIVER

©THE RIVER

ファッションポイント

カズレーザーと言えば、金髪に全身真っ赤な衣装がトレードマーク。普段も全身真っ赤の姿で過ごしているというエピソードはTV番組などでも度々語られているが、これは日本の漫画『コブラ』へのリスペクト。ところがこの日は、真っ赤な衣装を綺羅びやかなエナメル地に、側面にゴールドのラインをあしらった衣装にグレードアップ。もちろん、アイアンマンを意識してのものだ。「完全に媚び売りにいってますからね」とトムを見つめる。

©THE RIVER

©THE RIVER

サービス精神に溢れるトムはメイプル超合金の2人を見て「ホークアイとブラックウィドーかと思いましたよ」とリップサービス。笑いに包まれる会場の中、カズレーザーは「ブラックウィドーはもっと細いでしょ!絶対ムリでしょこんなの!(アベンジャーズの)足手まとい!」とツッコむ。

©THE RIVER

©THE RIVER

グリーンのパーカーにパープルのスカート姿の安藤なつは、言うまでもなくハルクをイメージ。「パーティー仕様ということで、可愛くしていただきました」と語る安藤なつだが、カズレーザーは「まぁそうですね…、ハルクの女性版にはシーハルクっていうのがいるんですけど、シーハルクすごい細いんですよ。だから太いシーハルクが誕生してしまったという…」と瞬時に解説する。トムは「プリティー・ハルクですね」と評し、安藤は喜ぶ。

©THE RIVER

©THE RIVER

トムに「ふたりとも、コミックの中にいるようですね」と褒められて気をよくしたカズレーザーは、「これは公式にマーベルのキャラクターとして出してもらえるということですか?」と調子に乗ると、「確実にイエス!」とまさかの返答。「うぉ!やった!ちょっと後でギャラの話を…」とノリノリだ。

真っ赤なカズレーザーに、ハルクを意識した衣装の安藤なつといった派手な2人を前にトムが「ふたりとも素敵な衣装ですが、僕だけニューヨークからやって来た普通の大柄な男という感じで…」とへりくだったコメントをすると、カズレーザーはすぐに「ドクター・ストレンジってことでしょ?」と切り返し、トムの爆笑をさらっていた。

カズレーザー「自分に似ているキャラクターが絶対に1人いるのがマーベルの魅力」

マーベルの魅力についてコメントを求められたトムは「マーベルの魅力の一番は、登場するキャラクターたちですね。色鮮やかな衣装で空を飛んだり、クレイジーな悪役と戦うという点はもちろんなのですが、コスチュームの中の人間性が大切。ヒーローたちが”普通の悩み”を抱えていて、社会の一員であるというところが共感を覚えやすいポイントです。“アイアンマンがトニー・スターク”という立ち位置なのではなく、”トニー・スタークがアイアンマン”として描かれているので、トニー・スタークに共感できる、というところです。」とまず英語で語ったが、語り終わった途端にカズレーザーは通訳を待たず「全く同感ですね〜」とボケる。そのうえで、「マーベルには自分に似たキャラクターが絶対に1人は見つかる。自分自身を投影できるキャラクターが絶対に出て来るところが魅力ですよね」と述べた。

©THE RIVER

©THE RIVER

その中で、特にお気に入りのキャラクターについて質問されたメイプル超合金の2人だが、カズレーザーは「難しい質問ですけど、パニッシャーが好きですね」と答える。

参考:パニッシャー http://capcom.wikia.com/wiki/File:Punisher_Punisher.png ©MARVEL

参考:パニッシャー http://capcom.wikia.com/wiki/File:Punisher_Punisher.png ©MARVEL

「超カッコいいんです。パニッシャーって、必ずしも無敵だったり最強の力を持っているわけではないんですけど、めちゃくちゃ賢くてスマートで、実はめっちゃハートが強いんです。絶対折れない、アダマンチウムより硬いハートを持っている。で、ちょっとダークなんですよ」と熱く語った。

安藤なつは「ゴーストライダー」と意外なチョイス。

参考:ゴーストライダー http://marvel.wikia.com/wiki/Johnathon_Blaze_(Earth-616) ©MARVEL

参考:ゴーストライダー http://marvel.wikia.com/wiki/Johnathon_Blaze_(Earth-616) ©MARVEL

「燃えるバイクに乗っていて。私、脂が落ちて痩せるんじゃないかと」とコメントし、会場の笑いを誘う。「カッコよくて憧れます」と語る安藤の横でカズレーザーは「ジャガーノートじゃないの?」とつぶやく。「X-MENのジャガーノート。超似てるよ。」

参考:ジャガーノート http://marvel.wikia.com/wiki/Juggernaut ©MARVEL

参考:ジャガーノート http://marvel.wikia.com/wiki/Juggernaut ©MARVEL

会場のマスコミ報道陣の中にはジャガーノートを知る者が少なかったようで、安藤なつジャガーノート説は静寂に包まれて消えた。

ちなみにメイプル超合金に続いてお気に入りなキャラクターについて尋ねられたトムは、「なかなか1人のキャラクターを選ぶのは難しいね。今日はこんなに素敵なハルクがいるから、プリティー・ハルクということで」と紳士っぷりを見せた。「これは…アメリカ上陸と捉えてよろしいですか…」とまんざらでもない安藤に対し、カズレーザーは「まぁそうだね〜」と即レス。

©THE RIVER

©THE RIVER

マーベル展にアッセンブル!

最後に、マーベル展を楽しみにしているファンに対してメッセージを求められた3人。安藤は「マーベルの歴史が全部知れるので、初心者の方でも凄く楽しめる」と太鼓判。カズレーザーは「マニアが見ても盛り上がるアイテムが沢山あるんですが、その中でも東映版スパイダーマンのレオパルドンの超合金が置いてあったのが凄い。日本のマーベルの本気を感じましたね。まさかここでレオパルドンに会えるとは思わなかった」と、鉄十字キラーのマーベル展進出を喜んだ。

最後にトムは「マーベルは今後も世界中に広まって行きます。この展示会では、皆さんにマーベルの世界に実際に足を踏み入れて頂ければ」とコメントし、オープニングセレモニーは拍手に包まれて終幕した。

©THE RIVER

©THE RIVER

『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』は、2017年4月7日(金)〜6月25日(日)、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)にて開催。会期中無休、10時〜22時(最終入場:21時30分)。入場料は一般¥1,800、高校生・大学生¥1,200、4歳〜中学生¥600、シニア(65歳以上)¥1,500。※展望台(屋上スカイデッキは別料金)、森美術館入館料を含む。

公式サイト:http://www.tokyocityview.com/marvel-exhibition/

ギャラリー

マーベル社バイス・プレジデントと巡る『マーベル展』徹底解説ガイド!『ホームカミング』劇中小物、コミック生原画まで全力レポート!

©2017 MARVEL

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。