マーベル&20世紀フォックス、新作アクションRPGを共同開発へ ― X-MENやデッドプール、ファンタスティック・フォーらが登場か

マーベル・エンターテインメントと20世紀フォックスが、マーベル・コミックのヒーロー&ヴィランが登場するアクションRPGゲームを新たに共同開発することがわかった。

主に開発を手がけるのは、20世紀フォックスのゲーム&テーマパーク部門を担当する「Fox Next」の子会社にあたるアフターショック・スタジオ。同スタジオは、ジェームズ・キャメロン監督作品『アバター』(2009)シリーズのゲーム化にも取り組んでいるといわれている。

この情報を最初に報じたNewsarama.comによると、開発が発表された新作アクションRPGは「モバイルゲーム」になるという。もともとアフターショック・スタジオは、Android&iOSゲーム『MARVEL オールスターバトル』などを製作したカバム社から独立した経歴を持つため、そこで培われた開発ノウハウがいかに活かされるのかにも注目したい。

マーベルのゲーム部門を統括するジェイ・オング氏は、今回の発表にあたり以下のコメントを寄せている。

「アフターショックはスペシャルな作品を生み出しているスタジオで、私たちはこのニュースをお知らせすることに興奮しています。このゲームは、エキサイティングなストーリーやマーベル・スーパーヒーローとスーパーヴィランによる最高の瞬間、そしてキャラクターに息吹を与える素晴らしいビジュアルが詰まった、フル・パッケージの作品となる予定です。我々のモバイル作品のうち、最も巨大かつ大胆なプロジェクトのひとつが進んでいます。きっとファンのみなさんの期待を超えるものになるでしょう。」

マーベルは2017年7月28日現在、『マーベル VS. カプコン:インフィニット』(2019年9月21日発売)のリリースを控えているが、同作はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の影響を大きく受けた作品になるようだ。MCUに参加していないX-MENが登場する可能性は非常に低いとみられており、ファンからは複雑な反応も聞かれていた。
それに対して、今回発表されたモバイルゲームはマーベルと20世紀フォックスによって共同開発される。おそらく『X-MEN』や『デッドプール』、『ファンタスティック・フォー』といった、20世紀フォックスが映像化権を保有するコミックのキャラクターたちが中心となるのではないだろうか。

なお、本ゲームについてはリリース日などの詳細は現在発表されていない。気になる人は続報に注目しよう!

Sources: https://www.newsarama.com/35687-marvel-developing-action-rpg-with-20th-century-fox.html
http://screenrant.com/marvel-fox-rpg-game/
Eyecatch Image: X-Men Insignia Pin / JD Hancock ( https://www.flickr.com/photos/jdhancock/3500203823 )

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。