Menu
(0)

Search

セバスチャン・スタン、『キャプテン・アメリカ』バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーの次回登場作品を明かす

マーベル・シネマティック・ユニバースで『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)よりバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー役を演じているセバスチャン・スタンが、バッキー役としての次回登場作品を明かした。

【注意】

この記事には、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のネタバレ、および『マイティ・ソー バトルロイヤル』『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレと捉えうる内容が含まれています。

バッキー・バーンズが前回登場した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)のラストで、バッキーは自らを再び冷凍することを決める。彼が眠りについたのは、ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)が国王を務める、高い技術力を誇る国ワカンダだった。

米ABCテレビの情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」の取材で『シビル・ウォー』の結末に言及されたスタンは、自身が2018年公開『ブラックパンサー(原題:Black Panther)』に出演していないことをはっきりと断言している。

「『ブラックパンサー』には出てない。(製作には)一切関係なかったんだ。」

しかしスタンは、同時にこうも述べているのである。

「本当に出てないのさ。でも(『シビル・ウォー』で起こったことは)『インフィニティ・ウォー』で解決されるよ。」

つまり、バッキーがワカンダで目覚めるのは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』だということだ。すなわち『ブラックパンサー』のほか、『マイティ・ソー バトルロイヤル』にもバッキーは登場しないということだろう。
しかしマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長によれば、ポストクレジット・シーンは作品完成の直前に決まることもあるという。『アントマン』(2015)のポストクレジット・シーンで『シビル・ウォー』のワンシーンが使用されたような形で、チラリとその顔を見せる可能性はまだ否定できない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日全国ロードショー
ちなみに『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より日米同時公開、『ブラックパンサー』は2018年2月16日に米国にて公開予定だ。

Source: http://comicbook.com/2017/07/16/black-panther-bucky-barnes-winter-soldier-sebastian-stan/
©Marvel Studios 写真:ゼータ イメージ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly