Menu
(0)

Search

マーベル短編映像シリーズ「マーベル・ワンショット」復活へ?トム・ホランドうっかり発言「アントマンと短編やりたい」

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の短編映像シリーズ「マーベル・ワンショット」をご存知だろうか。MCUの長編映画に登場するフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)やペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)のほか、オリジナル・キャラクターも登場して長編各作品の間に起こった出来事を描くという趣向のシリーズだったが、2014年以降は新作が発表されていない。

しかし現在、マーベル・スタジオはこの「マーベル・ワンショット」の復活を検討しているようだ。

「マーベル・ワンショット」

これまで「マーベル・ワンショット」の各作品は、『マイティ・ソー』(2011)など計5作品のブルーレイに収録されてきた。以下の映像は、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2014年)のブルーレイに収録された『王は俺だ』の一部映像である(Marvel UKが公開)。ベン・キングズレーやサム・ロックウェルら豪華な顔ぶれが、この短編のため集まったほどの力の入りようだ。

残念ながら「マーベル・ワンショット」は、この『王は俺だ』を最後に約3年間新作が作られてこなかった。長編映画を中心に構成されるMCUのスキマをつなぐ、とても面白い試みだったのだが……。

ところが新作『スパイダーマン:ホームカミング』のプロモーションで、ピーター・パーカー/スパイダーマン役のトム・ホランドがうっかり「マーベル・ワンショット」の復活を匂わせてしまった。「UPROXX」のインタビューで『ホームカミング』続編ではアントマンと共演したいと話したホランドは、続けざまに“言っちゃいけないこと”を口走ったのだ……。

「ポール・ラッドと短編をやりたい」

ホランドがスパイダーマンとアントマンの共演をインタビューで希望したのは今回が初めてではない。以前にも「虫ブラザーズをやりたい」と、その思いを語っていたのだ。

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

今回、ホランドはアントマン役のポール・ラッドについてこう話している。

「ポール・ラッドはすごく愉快で、とっても良い人。アントマンはとっても面白いですよね。スパイダーマンが小さくなるのはクールだと思うんですよ。スパイダーマンが縮むところ、想像できます?」

―ミクロバースで冒険するってことですか?

「そう! すごくいいと思ってるんです!」

―それはやるべきですよ。

「僕は短編をやりたいと思ってます。僕とポール・ラッドで20分の短編をやりたい。

―マーベルは(短編映画を)DVDやブルーレイに入れていましたよね。

「そうですね。再開が検討されてますよ。」

―本当に?

「たぶんすごい秘密を言っちゃったな…。ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)に怒られます……。」

―大丈夫ですよ。あなたとポール・ラッド、いいコンビになるでしょうね。

「虫ブラザーズ!」

主要ヒーローで新シリーズ開始か?

過去製作された「マーベル・ワンショット」作品は、MCUのサブ・キャラクターを中心に展開するストーリーだった。ホランドが短編映画でアントマンとの共演を希望しているということは、マーベル・スタジオは主要キャラクターによる短編映像シリーズを新たに企画しているのではないだろうか。

そういえば『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)を欠席していたソーを主役に据えた“暇を持て余したソー”こと『チーム・ソー』シリーズは、「マーベル・ワンショット」という呼び名こそ付けられていなかったものの、明らかにそれらと同じ趣向で製作されたものだった。もしかするとこれらの映像は、来る新シリーズに向けてのプロトタイプだったのかもしれない。

それにしてもトム・ホランドは、『スパイダーマン:ホームカミング』のプロモーションで同作の3部作構想をいち早く認めるなど、まだ公になっていない情報を(意図的なのかうっかりなのかはさておき)各メディアで喋ってしまっているようだ。その様子にはマーベル・スタジオも注意しているのか、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』では脚本を読ませてもらっていないという。

「(『インフィニティ・ウォー』については)何も知りません。ヴィランが誰なのかは知ってるけど、それだけ。マーベルは僕に何も読ませてくれないんですよ、僕が秘密を守るのがヘタすぎるから。

思えば2017年2月、ホランドは『インフィニティ・ウォー』の脚本を撮影現場でプロデューサーに返し忘れたといい、自宅で脚本を燃やす映像をInstagramに投稿していた……。

 

Rule number one… hand in your script 😂

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 –

「マーベル・ワンショット」が復活するのか、それとも新たな短編映像シリーズが始動するのか。いずれにしろMCUファンにとっては、“追いかけるべき作品”がまた増えることになりそうだ。

つい喋りすぎてしまうトム・ホランド主演、映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日全国ロードショー

 

Sources: http://uproxx.com/movies/tom-holland-spider-man-homecoming/2/
https://www.comicbookmovie.com/avengers/it-sounds-like-marvel-studios-is-planning-on-bringing-back-the-one-shot-short-movies-a152099
http://www.torontosun.com/2017/06/27/they-dont-let-me-read-anything-tom-holland-says-marvel-wont-let-him-read-avengers-infinity-war-script
http://screenrant.com/tom-holland-avengers-infinity-war-script/
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly