トム・ホランド、新『スパイダーマン』の3部作構想を認める「ピーターは『ホームカミング』では完成しない」

トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドに次ぐ“新スパイダーマン”トム・ホランドが、『スパイダーマン:ホームカミング』に次ぐ映画第2弾・第3弾の構想を認めた。以前マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長もシリーズの3部作構想を語っていたが、ホランドの発言と合わせて考えると、新『スパイダーマン』シリーズの目指す方向性がおぼろげに見えてくる……。

ピーター・パーカーは“未完成”

ブラジル・フランス・ドイツなどを対象に映画情報を発信するウェブサイト「AlloCine」は、先日ホランドを招いてFacebookのライブ配信を実施している。ユーザーからの質問にホランドが答えるという形式で行われたインタビューの途中、ホランドは『スパイダーマン:ホームカミング』に次ぐ作品の構想を明かしたのだった(該当の発言は映像の8分ごろ)。

「ピーター・パーカーとスパイダーマンが次の2作品で成長する余地はたくさんあるよ。『スパイダーマン:ホームカミング』の終わりで、彼はまったく完成していないんだ。ピーターの成長や青春を(『ホームカミング』とは)別の方法で掘り下げることをすごく楽しみにしてるよ。エキサイティングな映画になるだろうね」

また、インタビュアーに「次の2作品って『ホームカミング』の2, 3作目?」と聞かれたホランドはこう答えている。

「そう、『スパイダーマン』の2作目と3作目さ。『ホームカミング』の2, 3作目じゃないけどね」

あえてホランドがこう発言したということは、きっとピーター・パーカー/スパイダーマンは、『ホームカミング』を経てさらなる物語に挑んでいくことになるのだろう。そういえばケヴィン・ファイギ社長は、新『スパイダーマン』の3部作構想を明らかにした際にこう述べていた。

「『ハリー・ポッター』シリーズが参考になったんだ。ピーターは第1作(『ハリー・ポッターと賢者の石』)のハリーほど若くないけど、きっと高校の2年生・3年生・4年生にまたがる楽しい3部作構成になるだろうね」

『スパイダーマン:ホームカミング』ピーター・パーカーの高校時代を描く3部作構想!トム・ホランドは35歳まで継続希望?

『スパイダーマン:ホームカミング』は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初登場したスパイダーマンが“新人ヒーロー”として活躍する作品になるという。しかし、まだ年も若い彼が映画1作で“新人”という肩書を外してもらえるとは限らないだろう。新『スパイダーマン』3部作は、ピーター・パーカーの高校生活・青春時代を描きつつ、そのヒーローとしての成熟を丁寧に紡ぎ出すストーリーになりそうだ。また、そうしたテイストはMCUとしても新機軸にちがいない。

ひとつだけ心配なのは、以前報じられた『ホームカミング』続編でスパイダーマンがMCUを離脱するという情報だが……ファイギ社長やホランドの動向を見るかぎり、もしかすると心配は無用だろうか? 『アベンジャーズ』第3作・第4作目への登場も判明している新スパイダーマン、その活躍を今後もたっぷりと観ることができそうだ。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー

Source: http://screenrant.com/spider-man-homecoming-mcu-trilogy-tom-holland/
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。