Menu
(0)

Search

マーベルの新たな大作アクションゲーム、『アンチャーテッド』クリエイターの指揮で始動

マーベル・コミックを原作とする新作アクションゲームが、『アンチャーテッド』シリーズを手がけたエイミー・ヘニグ氏による指揮のもと始動する。米マーベル・エンターテイメントと、ヘニグ氏率いる米Skydance New Mediaが発表した。

Skydance New Mediaは、映画『ミッション:インポッシブル』『スター・トレック』シリーズなどを製作するSkydance Mediaが2019年秋に設立したゲーム部門で、ヘニグ氏とPS4ソフト『バトルフィールド ハードライン』のジュリアン・ビーク氏が主導。ストーリーに焦点を当てた画期的なインタラクティブ作品の開発がミッションとされている。

このたび、マーベルとSkydanceは「マーベル・ユニバースの完全なるオリジナル・ストーリー」を描く大作アクション・アドベンチャーゲームの開発を決定。登場するヒーローやヴィラン、対応するプラットフォーム、製作にあたるクリエイターなどは発表されていない。ただしSkydanceは、アクション・アドベンチャーゲームの経験豊かな開発者を招くほか、映画・ゲーム・コミックの世界からコンサルタント・チームを結成する方針を明かしている。

ヘニグ氏は『アンチャーテッド』第1作~第3作でクリエイティブ・ディレクターと脚本を担当し、人気シリーズの礎を築いた功労者。マーベルとのタッグにあたっては、「マーベル・ユニバースは私の愛するパルプ・アドベンチャーのアクション、ミステリー、スリルを集約したもので、インタラクティブ体験にうってつけ。人間味や複雑さ、そしてユーモアにあふれたオリジナルの物語を描けることを光栄に思います」とコメントした。

また、マーベルのゲーム部門を統括するジェイ・オング氏は、ヘニグ氏を「物語主導のアドベンチャー・ゲームの基準を長年作り続けてきた方」だと称え、Skydance New Mediaには「革新的なエンターテイメントへの野心とビジョンがある」と期待を述べた。なお、続報は「しかるべきタイミング」で発表されるという。

あわせて読みたい

Source: Skydance

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly