Menu
(0)

Search

「ホワット・イフ…?」、『スター・ウォーズ』ルーク登場案があった ─「最高のアベンジャーズになる」

ホワット・イフ…?
(C)2021 Marvel

もしも、『スター・ウォーズ』とマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)がクロスオーバーしたら…?

Disney+にて配信予定のアニメシリーズ「ホワット・イフ…?」は、MCUの映画作品内で実際に起こった出来事を基に、“もしもあの時、マーベル・ヒーローたちに別の運命が待っていたとしたら…?”という題材で、“ありえたかもしれない様々なもしもの物語”を描く作品だ。何が起こっても不思議ではない世界観の作品だが、それは『スター・ウォーズ』のキャラクターが登場することもありえない話ではないということだろうか。

Colliderのインタビューにて、監督のブライアン・アンドリューズとヘッドライターのAC・ブラッドリーが、『スターウォーズ』のキャラクターを本作に登場させようとしていたものの、スタジオ側に却下されたことを打ち明けた。

AC・ブラッドリー「僕は、『スター・ウォーズ』のキャラクターを本作に参加させようとしていたことで有名なんです。一度は試みましたが、“MCUの全部を与えているのですから、そこのフィールドを使ってやってください”と言われてしまいました。残念でしたが、それでもルーク・スカイウォーカーは、最高のアベンジャーズになるだろうと思いましたよ。」

ブライアン・アンドリューズ「そういう構想も確かにありましたね。“うわー!”とはしゃいでいたら、“みんな、ガイドラインが一応あるから、MCUから離れないように”と言われてしまったんです。」

「ホワット・イフ…?」は、“もしもの物語”を描く作品ではあるものの、だからといってディズニーのコンテンツを好き放題に詰め込んでいいわけではないということだろう。もっともブライアン・アンドリューズは、「どうなるかは誰にもわかりません。もしもファンがこの作品を観て気に入ってくれて、十分に騒いでくれれば、今後のエピソードで、何が起きるかなんて誰にもわかりませんよね?ホワット・イフですもんね?」とも話しており、まだ諦めてはいない様子。「ホワット・イフ…?」はすでにシーズン2が決定済みため、シーズン2もしくは、それ以降に実現するかも……?

Source: Collider , Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly