Menu
(0)

Search

『Marvel’s Spider-Man』新作がすでに企画中か ─ アニメーターによる意味深な発言で噂浮上

Marvel's Spider-Man: Miles Morales スパイダーマン マイルズ・モラレス

ゲームMarvel’s Spider-Man』から2年の時を経て、世界待望の続編『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマンマイルズ・モラレス』が、2020年11月に発売された。それから半年以上が経った現在、さらなる続編が企画中という噂が浮上しているようだ。

『Marvel’s Spider-Man』の制作会社「Insomniac Games」のシニア・アニメーターであるアレックス・ゼンケが、Twitterにて、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』の開発後にそのまま他の作品に移ったことを明かした。その作品についてゼンケは、2021年6月11日に発売されたゲーム『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』ではないとしながらも、そのタイトルは「[削除済み]」として伏せている。これが『Marvel’s Spider-Man』シリーズの新作なのかは定かでないが、ファンの間ではその期待で盛り上がっている状態だ。

また、日本語訳で不眠症の意味を持つ「Insomniac」にちなみ、「Insomniacは眠らない!だからこの名前なんだ!」と次回作に向けての意気込みまで語っている。『Marvel’s Spider-Man』ではピーター・パーカー、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』ではマイルズ・モラレスがスパイダーマンとして巨大な敵から世界の平和を守る姿が描かれた。仮にも続編が開発中である場合、どちらの主人公の物語が描かれることになるのかは興味深いところである。あるいは、ほかのスパイダーマンが登場する可能性もあり得るだろう。

ちなみにTHE RIVERが以前、『Marvel’s Spider-Man』のクリエイティブ・ディレクター、ブライアン・ホートンにインタビューした際に続編について質問したところ、「私たちは常に大きな夢を持っています。ゲームのエンドクレジットに注目していてください。何か起きるかもしれませんね!」と答えていた。ゼンケが実際のところ続編に関わっているのかは定かでないが、ホートンによる発言や本編で描かれた内容を踏まえると、何らかの形で進行はしているかも……?

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly