Menu
(0)

Search

『Marvel’s Spider-Man』新作がすでに企画中か ─ アニメーターによる意味深な発言で噂浮上

Marvel's Spider-Man: Miles Morales スパイダーマン マイルズ・モラレス

ゲームMarvel’s Spider-Man』から2年の時を経て、世界待望の続編『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマンマイルズ・モラレス』が、2020年11月に発売された。それから半年以上が経った現在、さらなる続編が企画中という噂が浮上しているようだ。

『Marvel’s Spider-Man』の制作会社「Insomniac Games」のシニア・アニメーターであるアレックス・ゼンケが、Twitterにて、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』の開発後にそのまま他の作品に移ったことを明かした。その作品についてゼンケは、2021年6月11日に発売されたゲーム『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』ではないとしながらも、そのタイトルは「[削除済み]」として伏せている。これが『Marvel’s Spider-Man』シリーズの新作なのかは定かでないが、ファンの間ではその期待で盛り上がっている状態だ。

また、日本語訳で不眠症の意味を持つ「Insomniac」にちなみ、「Insomniacは眠らない!だからこの名前なんだ!」と次回作に向けての意気込みまで語っている。『Marvel’s Spider-Man』ではピーター・パーカー、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』ではマイルズ・モラレスがスパイダーマンとして巨大な敵から世界の平和を守る姿が描かれた。仮にも続編が開発中である場合、どちらの主人公の物語が描かれることになるのかは興味深いところである。あるいは、ほかのスパイダーマンが登場する可能性もあり得るだろう。

ちなみにTHE RIVERが以前、『Marvel’s Spider-Man』のクリエイティブ・ディレクター、ブライアン・ホートンにインタビューした際に続編について質問したところ、「私たちは常に大きな夢を持っています。ゲームのエンドクレジットに注目していてください。何か起きるかもしれませんね!」と答えていた。ゼンケが実際のところ続編に関わっているのかは定かでないが、ホートンによる発言や本編で描かれた内容を踏まえると、何らかの形で進行はしているかも……?

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly