Menu
(0)

Search

『マトリックス』第4作、『アダムス・ファミリー』クリスティーナ・リッチが出演

マトリックス リローデッド
© Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

キアヌ・リーブス主演のSFアクションマトリックス』シリーズ第4作(タイトル未定)に、『アダムス・ファミリー』シリーズのウェンズデー役などで知られるクリスティーナ・リッチが参加していることが分かった。米Colliderなどが報じている。

『マトリックス』第4作は、前作『マトリックス レボリューションズ』(2003)以来18年ぶりとなるシリーズ最新作。ネオ役のキアヌ・リーブスやトリニティ役のキャリー=アン・モスらオリジナルキャストと、前3作で脚本・監督を務めたラナ・ウォシャウスキーが復帰する。撮影はすでに終了しており、2021年12月22日に米国公開を控えている。

このタイミングで出演が判明したクリスティーナ・リッチは、『アダムス・ファミリー』をはじめ『バッファロー’66』(1998)や『スリーピー・ホロウ』(1999)などで知られる女優。ウォシャウスキー監督とは、2008年公開の映画『スピード・レーサー』でタッグを組んでいる。リッチが『マトリックス』第4作で演じる役どころは明かされていない。

このほか本作には、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット=スミス、エージェント・ジョンソン役のダニエル・バーンハードが再登場。新たに「ウォッチメン」(2019)のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、『ゴーン・ガール』(2014)のニール・パトリック・ハリス、「Marvel アイアン・フィスト」(2017-2018)のジェシカ・ヘンウィック、『アナと雪の女王』クリストフ役のジョナサン・グロフ、『ベイウォッチ』(2017)プリヤンカー・チョープラーが出演する。なお、モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンと、エージェント・スミス役のヒューゴ・ウィーヴィングは出演しないことが判明している。

脚本はウォシャウスキー監督と共に、『クラウド アトラス』(2012)の原作者デイヴィッド・ミッチェルと、作家アレクサンダル・ヘモンが担当。『ジョン・ウィック』シリーズ監督のチャド・スタエルスキ&『デッドプール2』(2018)デヴィッド・リーチがアクションに参加する。撮影監督は『クラウド・アトラス』(2012)「センス8」(2015-2018)でウォシャウスキー監督とタッグを組んだジョン・トール。

映画『マトリックス4(原題:Matrix 4)』は2021年12月22日に米国公開予定。

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly