Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/エピソード9』に「ドクター・フー」マット・スミスが「重要な役」で出演決定

Matt Smith speaking at the 2012 San Diego Comic-Con International in San Diego, California. Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Matt_Smith_(7606540614).jpg

映画『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』に、イギリスのTVシリーズ「ドクター・フー」11代目ドクター(2009-2014)などで知られる俳優のマット・スミスが出演することがわかった。レジスタンス側か、ファースト・オーダー側かの役どころは不明だが、「重要な役」になるという。米Varietyが報じた。

Matt Smith speaking at the 2012 San Diego Comic-Con International in San Diego, California.
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Matt_Smith_(7606540614).jpg

イングランド出身、1982年生まれのマット・スミスは、イギリスの人気TVシリーズ「ドクター・フー」の11代目ドクター役をシリーズ史上最年少(当時26歳)で務めたことで注目を集める。Netflixドラマ「ザ・クラウン」(2016-)ではエディンバラ公フィリップ殿下を演じた。SF大作映画としては、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)にT-5000ことアレックス / スカイネットとして登場している。

『スター・ウォーズ/エピソード9』は、新三部作の幕開け作『フォースの覚醒』(2015)J.J.エイブラムスが監督としてカムバック。レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、マズ・カナタ役のルピタ・ニョンゴ、ハックス将軍役のドーナル・グリーソン、ローズ・ティコ役のケリー・マリー・トラン、チューバッカ役を継いだヨーナス・スオタモ、C-3PO役でアンソニー・ダニエルズ、故キャリー・フィッシャーの娘でコニックス中尉役としてカメオ出演のビリー・ラードのほか、ランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズやルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルの登場が発表済みレイア・オーガナ役の故キャリー・フィッシャーは過去に撮影された未公開映像で登場するとのこと。

新キャストとしては、1992年生まれの若手女優で“明日のスター俳優”とも称されるナオミ・アッキー、名作『ウィズネイルと僕』(1987)でウィズネイル役を演じ、『LOGAN/ローガン』(2017)や『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)など現在も活躍するイギリス出身のベテラン俳優リチャード・E・グラント、ドラマ「ジ・アメリカンズ」(2013-2018)や映画『猿の惑星:新世紀』(2014)の女優ケリー・ラッセルに加え、ドラマ「LOST」(2004-2010)チャーリー役や『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのメリー役で知られるドミニク・モナハンの起用も伝えられている

映画『スター・ウォーズ / エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米公開予定

Source:Variety
Eyecatch Image:Gage Skidmore

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly