Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』マイケル・B・ジョーダン、人気司会者を塵にする ─ メールでサノスに助け求める

https://www.youtube.com/watch?v=-ef8gEHSpJk サムネイル

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の悪役サノスが「ザ・シンプソンズ」の一家を塵にしたのに続いて、「塵にするシリーズ」第2弾をお届けしよう。

テレビ番組「The Tonight Show」にて、『ブラックパンサー』(2018)でエリック・キルモンガー役を演じたマイケル・B・ジョーダンが、人気司会者のジミー・ファロンを塵にしてしまった。もちろん、サノスの力を借りている。

「The Tonight Show」にゲストとして招かれたマイケルと、同じくマーベル・シネマティック・ユニバースでマリア・ヒル役を演じているコビー・スマルダーズが控え室で談笑していると、そこに司会者のジミーがやってくる。するとジミーは、おもむろに二人に対してエアーフライヤー(油を使わずに揚げ物が作れる調理器具)の話を始めるのだった。ズッキーニを揚げる話だけでなく、ドーナツやベーグルの話まで始めてしまったジミーに、マイケルは小声で「ウソだろ、まだ続くぞ…」と一言。

司会者の終わらない話を直立の態勢で聞かされる中、マイケルは「考えがあるんだけど」とコビーに耳打ちする。「サノスにメールしよう」。コビーが同意すると、マイケルはスマホを取り出し、サノスに「どうも、ちょっと助けてほしいんだけど」とだけメッセージを送信した。するとジミーの身体はさらさらと塵となって消えはじめる。「待ってくれ、何が起きてるんだ!」。叫びもむなしく消えていくジミーを見送ると、二人はエアーフライヤーの話をしながら控え室を出ていくのだった。ジミーが消滅した直後、マイケルの笑いを噛み殺した表情は本映像最大の見どころである。絶対にお見逃しのないように。

なお、この短い映像は「The Tonight Show」の番組冒頭に放送されたショートコント。作品を未見の方のために多くは記さないが、サノスに助けを求めるのがキルモンガー役のマイケルとマリア・ヒル役のコビーという人選が絶妙だろう。かたやサノスの地球到着前に『ブラックパンサー』で活躍したキルモンガー、かたや『インフィニティ・ウォー』でわずかながらに登場したマリア・ヒルなのである。

ともあれ、『インフィニティ・ウォー』の劇場公開から約9ヶ月が経過した今、“塵となって消えてしまう”という遊びは企業やメディアを超えた現代ポップカルチャーの一大ミームと化した感がある。米国において同作やマーベル映画の存在感がいかに大きいか、改めて思い知らされるというものだ。

映画『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは発売中。続編『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly