Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』RDJやクリス・エヴァンスら、10年間の重みを語る ─ 俳優同士の関係は「心の支え」、ファンへの責任感も

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

『アベンジャーズ』シリーズでヒーローを演じてきた6人の俳優は、『アイアンマン』(2008)から『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで、マーベル・シネマティック・ユニバースの11年間をどう捉えているのだろうか。

Entertainment Weeklyは『エンドゲーム』の公開に先がけて、アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jr.やキャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンス、ソー役クリス・ヘムズワース、ブラック・ウィドウ役スカーレット・ヨハンソン、ホークアイ役ジェレミー・レナー、ハルク役マーク・ラファロによる座談会を実施。そこで、役柄やファンとの関係性の変化について語られている。

役柄と自分のオーバーラップ

MCUの11年間は、それぞれのヒーローが成長し、ダイナミックな変化を重ねてきた時間でもあった。なかでも最大の変化を経験したのは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)で大転換を果たしたソー役のクリス・ヘムズワースだろう。役柄と自分自身がどう重なっていったかという点について、ヘムズワースはこう語っている。

初めて演じた時のほうが、どんな役なのかというのはハッキリわかっていたと思います。それからゆっくり自分が混ざっていって、楽しくなっていきましたね。以前よりも、役柄に自分らしさが出ていますよ。(現在は)役者として扱える、一番ごまかしのない状態だと思います。」

クリス・ヘムズワース
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36201779166/

キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスは、役柄と自分自身の関係について「まったく重ならないなんて、ありえないと思います」と話す。「役を演じていると、常にその人物が頭の中にいるんです。役柄を家に連れて帰ることもあります」と。

「すごく疲れる役を演じている時は、まるで暗い洞穴の中にいるようで、役が抜けるのが待ちきれません。だけど、早く戻りたいという役もある。それがキャプテン・アメリカの楽しいところです。普通は撮影が終わると、本を閉じて次の仕事へ進むものですが、この役の場合は少し中断する感じ。また戻ってくるのがわかっていますから。(出演者同士が)みんな友人になっていくのと同じで、役柄とも友達になっていく。古い友人に会う感じです。」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ




6人の出演者たちは、それぞれ非常に仲が良いことでも知られている。ヘムズワースは「個人的な関係が役柄にも反映され始めていますよね」と述べた。「たとえばアイアンマンとキャプテン・アメリカの関係性なら、クリスとロバートの友情がそのままスクリーンに映っている。僕たちが好む好まないにかかわらず、そういうものが出てきていると思いますよ」

この発言に響き合うのは、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.によるコメントだ。座談会に同席したマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長に、ダウニーは「意識してるかどうかわからないけど、君が僕たちをこういう状況にしてるわけだからね」と述べたのである。

「君が出会わせてくれたから、僕たちは一緒に大変なシーンを演じて、困難に突入して、お互いを守り、そして心配してる。僕らの小さい人生が、こんなとんでもない試みに、定期的に立ち会うことになってるんですよ。」

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』© Marvel Studios 2018

俳優同士の関わり、ファンとの関係

またブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンは、役柄と俳優それぞれの関わりや、俳優同士の交友関係が、ユニバース全体に与えてきた影響について語っている。

「それぞれの役柄が、それぞれの過去や運命と格闘していますよね。これまでの10年間、私たちは、自分の役が人間として成長するのを見てきました。そこには自分たち自身が反映されていると思うんですよ。10年間で全員が成長し、良い時と悪い時を経験し、お互いの人生を共有してきた、そのことが(全員にとって)あらゆる意味で心の支えになってきたと思います。それは観客のみなさんも同じなんじゃないかって。キャラクターが成長する中に、自分の経験を見てくださったように思うんです。」



座談会が行われる前日、ヨハンソンは、ブラック・ウィドウの大ファンだという少女に出会ったのだそう。「“6歳の時に『アイアンマン2』を観ました”と言われたんですよ。今では15歳になってて、“ずっと観てきました”って。小さい女の子がきれいな女性になったんだと思って、驚きました」。それから、ヨハンソンはこんな言葉を重ねてもいる。「ブラック・ウィドウの成長を、彼女は自分の経験の一部にしているんですよね」

『アベンジャーズ』ブラック・ウィドウ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

ちなみに出演者が役柄についてSNSでコメントすると、ファンからはすさまじい反応が届けられる。ハルク役のマーク・ラファロは、「ちょっとだけ怖いんですよ。慎重になりますよね、大きな責任がありますから」と述べた。自分の演じている役柄や物語が、全世界のあらゆる層に触れていることを実感するようだ。

「物語の力を感じるんです。僕がMCUで非常に面白いと思うのは、善と悪の対決という物語からはみ出しているところ。今の世界で起きている、対立の言説を超えられると思うんです。さまざまな信念を持っている、ありとあらゆる人に届くって。(『アベンジャーズ』は)ひとつになる物語ですから。それに、それぞれ違った人々の物語でもあります。『シビル・ウォー』なんて、まさにその良い例ですよね。」

これを聞いたロバートとエヴァンスは、すぐに肩を組んで笑ってみせる。ラファロは「もちろん、二人はお互いが大好きですけど!」と強調してから、「なぜか僕たちは、いつも政治的な状況の少し先を行っているように思うんです」と述べた。

ロバート・ダウニー・Jr.を筆頭とする出演者たちが、11年をかけて積み上げてきたマーベル・シネマティック・ユニバースの物語は、ひとまず『アベンジャーズ/エンドゲーム』で幕を閉じる。いわば『エンドゲーム』は、出演者とキャラクターの、出演者同士の関係性の集大成でもあるわけだ。むろんファンにとっても、そのことは変わらない。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)より全国公開中

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Source: EW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly