Menu
(0)

Search

マーベル・シネマティック・ユニバース、2024年に映画4本を公開へ ─ 米国公開日発表、年間4本ペースを継続

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』で新たな領域に踏み出したマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、今後もその勢いを落とすことなく走り続ける。米マーベル・スタジオ/ウォルト・ディズニー・カンパニーが、2024年にも新作映画を4本公開することを明らかにした。

発表によると、2024年のMCU新作映画は、2月16日、5月3日、7月16日、11月8日にそれぞれ米国公開予定。いずれの作品もタイトルは明かされておらず、今後さまざまな状況から公開日が変更される可能性はあるが、ひとまずマーベル・スタジオは2024年に4作品を公開する方針のようだ。

現時点で、タイトルと公開日がともに決定している最後の作品は、2023年5月5日に米国公開予定の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』。ただし、2023年7月28日、10月6日、11月3日にも新作映画の米国公開が予定されているため、少なくとも7作品が待機していることになる。コロナ禍の影響を受け、2020年はMCUの映画作品が一本も公開されない年となったが、2021年からは年4本ペースを維持する量産体制。ディズニープラスでのシリーズ作品は今後も並行するとみられるため、ひっきりなしに作品が供給される状況は今後数年間にわたって続きそうだ。

なお、公開日が発表されていない新作タイトルには、マハーシャラ・アリ主演ブレイド(原題)』、ジョン・ワッツ監督ファンタスティック・フォー(原題)』、20世紀フォックスから異例の移籍となるデッドプール3(仮題)』、アンソニー・マッキー主演キャプテン・アメリカ4(仮題)』、そして企画が進められているらしいMCU版X-MEN(仮題)』がある。

Source: ComicBook.com, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly