Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』MCUスピンオフドラマ、コミックに近い物語のスタイルに ― バッキー&ファルコン、ロキ、スカーレット・ウィッチなど企画進行の報道

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)が世界中の観客に衝撃を与えた2018年、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を統括する米マーベル・スタジオは、水面下で新たなる企画を進めている。2019年にディズニーが開始する新ストリーミング・サービスの主力コンテンツとなる、MCUキャラクターのスピンオフドラマだ。主人公の有力候補にはロキやスカーレット・ウィッチの名前が挙げられているほか、すでにバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーとサム・ウィルソン/ファルコンのスピンオフは脚本家の雇用まで報じられている

これらのスピンオフドラマ企画について、2018年11月5日時点でマーベル・スタジオからの公式発表はなされていない。しかしケヴィン・ファイギ社長は、このたび米The Hollywood Reporterの取材において、初めてストリーミング・サービスでの新企画について言及。「楽しみですね」と語ったうえで、このように自身の意思を述べている。

「ストリーミング・サービスでは、劇場では語れないような物語を描くつもりです。より長い構造を持つ物語で、まさにコミックがそうなんですが、物語が存在すること自体と同じくらい、長い形式を採っていることが大切。でも劇場での体験も継続していきますよ、私たちにはなくてはならないものですから。それに幸運ならば、今後も多くの方々が待ち望んでくださるでしょうしね。」

ここでケヴィン社長は、MCUのスピンオフドラマを、既存の映画作品よりもコミックに近いストーリーテリングにしようと考えていることがうかがえる。MCUには「Marvel デアデビル」(2015-)などマーベル・テレビジョン製作のドラマシリーズが複数存在してきたが、いよいよマーベル・スタジオも新たな物語の方向性を模索する段階にきているようだ。

一方、ケヴィン社長の「劇場体験も継続していく」という口ぶりからあえて邪推するなら、今後のMCUは、ともすれば映画以上にドラマに軸足を置く可能性すらありそうだ。近年のマーベル・スタジオは年間3本のペースで新作映画を発表してきたが、ここにドラマも複数追加されるとすれば、単純にスタジオとしてオーバーワークだともいえるだろう。『アイアンマン』(2008)から10年をかけて未曾有の展開をなしとげたケヴィン社長は、一体どんな構想を練っているのだろうか。

以前の報道によれば、マーベル・スタジオはMCUの人気ヒーローやヴィランを主人公とする全6~8話ほどのリミテッド・シリーズ(1シーズン限りのテレビシリーズ)を複数検討中とのこと。ライバルとなるドラマシリーズをしのぐほど、高額の予算を投じて製作が行われるとみられている。

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly