早くも話題、『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』超キュートな新クリーチャーの名は『ポーグ』!

そんな目で見つめないで…!

日本時間の2017年7月16日未明に公開となった『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』特別映像に含まれていた様々な新映像は、スター・ウォーズ・ファンの関心を一挙に集め、新たなディスカッションを起こすのに充分な情報量があった。その中でも、ファンのハートを一瞬にして掴んで話さない、未知のクリーチャーの姿があった。ペンギンやアザラシにも似たルックスで、まん丸の目をパチリと開き、こちらを見つめるキュートな姿。一体、コイツは何なんだ?今すぐにでもぬいぐるみが欲しいのだが、どうすればいい?ペットにしてもいいものか…?

イウォーク族やBB-8に続く、スター・ウォーズ・サーガの新たな”カワイイ”キャラクターの系譜に一日にして仲間入りを果たした謎の新種族。SNSを中心に早くも話題となっていることを受け、スター・ウォーズの公式サイトStar Wars.comではこのクリーチャーを紐解く内容の記事を掲載した。紹介しよう、愛すべき新キャラクター、ポーグ!

同記事では、ルーカス・フィルムのストーリー・グループ、パブロ・ヒダルゴへインタビューを行う形で、ポーグ(Porg、または複数形でPorgs)の生態と背景を明かした。

ポーグは、アーチ・トゥ(『フォースの覚醒』(2015)終盤でルークが隠居していた孤島)に生息しており、島の断崖部分に巣を作って暮らしている。パブロによれば「スター・ウォーズにおけるツノメドリ」で、ポーグの赤ちゃんは「ポーグレット(porglet、記事では複数形のporgletsとして紹介)」と呼ばれるそうだ。ポーグレットに関する画像や映像はまだないが、きっととんでもなく可愛いに違いない。

公開された特別映像で、ポーグは撮影用のパペットとして登場していた。本編では、パペットとして登場するシーンと、フルCGで描かれるシーンが混在するという。

ファンが早くも熱狂していることについてパブロは、『ジェダイの帰還』(1983)ジャバ・ザ・ハットの宮殿外側で、長い舌を使って獲物を捕らえ、ゲップをしていたカエルのようなクリーチャー(ワート)を例に挙げながらこう語っている。「スター・ウォーズ・サーガのドラマや冒険には動物たちの生活が確かに息づいている。それに、ポーグは可愛いしね。」

ところで、ポーグはペットとして飼えるような種族だろうか。可愛い見た目に反して、実は凶暴だったりしないよね…?パブロの「島にやってくる来客が非常に稀であることを思うと、この子たちの好奇心は内気な性格を上回るだろう」との説明から察するに、普段は大人しいながらもレイの姿を興味津々で見つめ上げるのだろうか…。あざとい…、あざといけど可愛いから許す…!

『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』のその後を描く、シリーズ最新作『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』は、2017年12月15日(金)公開。

Source:http://www.starwars.com/news/introducing-porgs-the-cute-new-creatures-from-star-wars-the-last-jedi
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

新年は飛躍の一年にしたい。毎年言ってます。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。