Menu
(0)

Search

アニャ・テイラー=ジョイ&ニコラス・ホルト共演、『ザ・メニュー』2022年公開決定 ─ 高級レストランに潜む狂気とは

ザ・メニュー
©2022 20th Century Studios. All rights reserved.

『ノマドランド』(2020)『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2021)などのサーチライト・ピクチャーズが贈る最新作『The Menu』が邦題『ザ・メニュー』として、2022年に日本公開することが決定した。予告映像も公開されている。

太平洋岸の孤島を訪れたカップル。お目当ては、なかなか予約の取れない有名シェフが振る舞う極上のメニューの数々だ。ただ、そこには想定外の“サプライズ”が添えられていた……。

このたび到着した予告映像では、高級料理店の気品に溢れ、大勢の上客で賑わう一方で、どこか普通じゃない不気味な雰囲気を纏ったレストランの様子が映し出される。「ちょっと感動しちゃって」と涙するほど料理の味に感銘を受けるカップルの男性に対し、女性が感じたふとした違和感をきっかけに、物語は徐々に不穏な展開に……。レストランには、そして極上のメニューには、どんな秘密が隠されているのか?ミステリアスなシェフの正体とは?謎に包まれた本作の全貌がますます気になる映像となっている。

カップル役を演じるのは、「クイーンズ・ギャンビット」(2020)や『ラストナイト・イン・ソーホー』(2021)などの活躍で、いま飛ぶ鳥を落とす勢いのアニャ・テイラー=ジョイと、映画『マッド・マックス 怒りのデスロード』(2015)『女王陛下のお気に入り』(2018)など、話題作への出演が止まらないニコラス・ホルト。シェフ役は、『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)や『キングスマン:ファースト・エージェント』(2021)、『007』シリーズで知られる名優レイフ・ファインズが演じる。

監督には、HBOのドラマシリーズ「メディア王〜華麗なる一族〜」(2018-)を手がけ、今ハリウッドで最注目の俊英マーク・マイロッドが就任している。製作は『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)『ドント・ルック・アップ』(2021)のアダム・マッケイが務め、風刺と笑いのスパイスに彩られた極上のサスペンスに仕上がっている。

映画『ザ・メニュー』は2022年全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly