Menu
(0)

Search

メタリカ、6年ぶり新アルバム『72シーズンズ』2023年4月14日リリース決定 ─ 先行曲「ルクス・エテルナ」配信開始

Photo by TIM SACCENTI

ヘヴィメタル・バンド、メタリカ(Metallica)の12枚目のスタジオ・アルバムとなる待望の新作『72シーズンズ』が2023年4月14日にリリースされることが決定した。2016年の前作『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』 以来6年ぶりとなる。

日本盤も同時発売となり、日本盤のみSHM-CD仕様、初回生産限定ロゴステッカーが封入される。

2016年の『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』以来となるフルレングスの新曲集で、全12曲、77分超え、グレッグ・フィデルマンがジェイムズ・ヘットフィールド&ラーズ・ウルリッヒと共同プロデュース。このアルバムはアナログ2枚組LP(140g黒盤及び限定カラー盤)、CD、デジタル配信の各形態でリリースされる。

この発表にあわせて『72シーズンズ』からファースト・シングル「ルクス・エテルナ」が先行リリースされた。40年に及ぶメタリカの軌跡を3分半に凝縮した、短くも鮮烈な爆発的第一弾シングルは、ストリーミング及びダウンロード配信中。また『72シーズンズ』デジタル・アルバムを予約購入すると即ダウンロード可能となっている。

ティム・サセンティ(Tim Saccenti)が監督したミュージック・ビデオも公開された。

アルバム・タイトルのコンセプトに関して、ジェイムズ・ヘットフィールド(Vo, G)は次のように語っている。

「“72 Seasons”=“72の季節”というのは、ひとの人生の最初の18年間、つまり“本当の自分“や“偽りの自分”を形作っていく年月のことを指している。”自分はこういう人間なのだ”という、親から教え込まれた概念。自分がどういった性格の持ち主なのかという、決め付けの可能性。これに関して最も興味深いのは、そういった核にある確信がその後の人生でも引き続き考慮に入れられていくということ、そしてそれが自分達の世界の捉え方に今どんな影響を与えているかということだと思う。大人になってから俺達が経験することの多くは、こうした子供時代の体験の再現であったり反応だったりする。子供時代という檻の囚人であり続けるか、あるいはそういった束縛から自らを解き放つかってことだ。」

2023年~2024年のツアー日程も発表された。「M72 WORLD TOUR 2023-2024」は欧米で46公演、訪れる全都市で2公演ずつ行われる。その2公演は、“No Repeat Weekend”(ノー・リピート・ウィークエンド=繰り返しの無い週末)として、セットリストもサポート・アクトも完全に異なるものとなる。

この「M72」ツアーでは、かの有名な“メタリカ・スネーク・ピット”をセンターステージに移動した大胆な円形ステージ・デザインを新たに採用。16歳未満のファン向けの割引チケットも初めて販売される。2日通し券は12月2日(金)、1日券は1月20日(金)より発売。

チケットの売上金の一部は、メタリカが運営するチャリティ「オール・ウィズイン・マイ・ハンズ財団」に寄付される。2017年に設立されAWMHは、長年バンドを支えてくれたコミュニティに属する人々の生活を援助し、その質を向上させることに取り組んでおり、これまでに約1,300万ドルを集め、米国内のキャリア・技術教育プログラムに助成金590万ドル、食糧不足支援に250万ドル以上、全世界の災害救援活動に320万ドル以上を提供している。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly