『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』日本版予告編、第一弾が到着!超危険、トム・クルーズ骨折のスタントも収録

トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』より日本版第一弾予告が到着、あわせて新たな場面写真が公開された。

 

トム・クルーズ、骨折のジャンプシーンも登場

『ミッション:インポッシブル』シリーズは、トム・クルーズが自らスタントなしで行うド迫力のアクションシーンでおなじみだ。過去には上空1500メートルを時速400キロ以上で飛ぶジェット機に素手でつかまったり、ドバイにそびえたつ世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」の124階でビルの側面を走ったり、息継ぎなしで6分以上の潜水に挑んだりと、常識では考えられないスタントをやってのけてきた。

しかし最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』で、トムは過去最大級&最難関のミッションに挑むことになる。
このたび到着した第一弾予告の見どころは、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが山脈を飛行するヘリコプターにロープでしがみつくアクションシーン。さらにノルウェーにある高さ600メートルの崖でのクライミングや、パリ・凱旋門をヘルメットなしでバイクに跨り疾走するなど、もはや“ムチャ”としか言えないアクションシーンが詰まっている。

また本映像には、トムが足首を骨折したことで世界中の話題と心配を集めたビルのジャンプシーンも含まれている。
イギリスの「グラハム・ノートン・ショー」に出演したトムは、このシーンについて「全速力でジャンプして、壁の一面にぶつかって、這い上がり、カメラの側を走っていくという撮影でした。(ぶつかった時は)骨折したことを瞬時に悟りましたよ」と振り返っている。しかしトムが驚異的なのは、骨折した状態でカットがかかるまで撮影を中断せずにこなしてみせたところにある。問題のカットは、映画本編にも使用されているのだとか……。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

今度のミッションは「不可能」が連鎖する――
何者かに複数のプルトニウムが盗まれた。標的となったのは3つの都市で、イーサン・ハントとIMFチームは、その同時核爆発を未然に防ぐミッションを受ける。残された猶予は72時間、しかし手がかりは薄く、名前しか分からない正体不明の敵を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。
タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMFの前にに立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェントのウォーカー。彼との対決を余儀なくされるイーサンに、さらなる「フォールアウト(予期せぬ余波)」が降りかかってくる……。

出演はトム・クルーズのほか、サイモン・ペッグやレベッカ・ファーガソンなどお馴染みのキャストに加え、『M:i:III』(2006)でイーサンと結婚したミシェル・モナハン演じるジュリアが再登場。さらには『ジャスティス・リーグ』(2017)などのスーパーマン役で知られるヘンリー・カヴィルがCIAの敏腕エージェント:ウォーカー役として登場、イーサンを相手にスリリングなアクションを繰り広げる。
脚本・監督を務めるのは、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)に続いてクリストファー・マッカリーだ。

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は2018年8月3日(金)より全国ロードショー

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト:http://missionimpossible.jp/

(文:Takatoshi Inagaki)

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。