Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』サイモン・ペッグ、またトム・クルーズのスタントにビビる

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)では成層圏ギリギリの高度から高速降下するヘイロージャンプ(高高度降下低高度開傘)を見せ、ビルからビルへ飛び移るスタント中には右足を骨折してしまったトム・クルーズ。どんな危険も顧みず、激しいアクションシーンに自ら挑むクルーズはシリーズ次回作となる第7作・第8作でも変わらぬようだ。ベンジー役で続投するサイモン・ペッグが、クルーズのスタントにビビってしまったと明かしている。

RadioTimes.comのインタビューに登場したペッグが、現在ポストプロダクション(撮影後準備)中の第7作だけでなく、現在撮影中の第8作で挑んだクルーズのスタントもケタ違いだとコメントを発している。

「もう道理に反しています。彼が第7作でやったことが恐ろしくって!いつものように僕たちは、“あれ以上どうやるの?”という感じでした。彼が第8作でやった映像を見たばかりなんですが、ビビってしまいましたよ。」

ペッグは、具体的にクルーズがどんなスタントに挑戦したのか詳細は明かしていないが、間違いなく、『フォールアウト』を超える危険かつハードなスタントシーンでファンの度肝を抜いてくれそうだ。

なお、『フォールアウト』では、トム演じるイーサン・ハントが離陸するヘリコプターにしがみつき、機体に乗り込もうとした時に落下するシーンがある。このシーンについて事前に知らされていなかったペッグや他の関係者が、事故が起きて本当にトムが落下してしまったのかと思い、現場がパニックになったと明かしていたことがある。

一体、シリーズ第7&8作でクルーズがどんな超ド級スタントを見せてくれるのか、今から期待が高まるばかりだ。ミッション:インポッシブル』第7作は2023年7月14日、第8作は2024年6月28日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source:RadioTimes.com

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly