Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』第7作、メインキャストらの集合写真 ─ 悪役演じる俳優も

https://www.instagram.com/p/CSZpd54sooL/

トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ最新作『ミッション:インポッシブル』第7作(タイトル未定)に出演するメインキャストが集結だ。主人公イーサン・ハント役のトムをはじめとする出演者が集合した写真を、メガホンを取るクリストファー・マッカリー監督が公開した。

このたびマッカリー監督がInstagramに投稿した写真は、第7作で第1助監督(AD、アシスタント・ディレクター)デビューを飾ったメアリー・ボールディングを祝福するために公開されたもの。ボールディングを中心に据えた写真には、メインキャストであるイーサン役のトム、イルサ役のレベッカ・ファーガソン、ベンジー役のサイモン・ペッグ、ルーサー役のヴィング・レイムスも写っている。一番左の人物は、本作からシリーズに参加する俳優イーサイ・モラレス。悪役を演じると伝えられている。

ボールディングと重なるようにして写っているマッカリー監督は、「第1助監督として100日目を迎えた素晴らしいメアリー・ボールディングを祝して。クルー全員から、不可能(インポッシブル)なことをうまくまとめてくださって、メアリーさまさまです」と感謝を伝えている。ボールディングは、『1917 命をかけた伝令』(2019)や『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)などの大作映画に参加歴のある助監督。2014年にはトム主演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でプロダクションアシスタントを担当した。

第7作の撮影は、2020年9月に撮影が開始されたものの、コロナ禍の影響により2度の撮影中断を経た。過去に例を見ない苦境下での撮影には、製作陣のサポートがこれまで以上に必要不可欠になってくる。このたびの写真は、縁の下の力持ちとして製作を支えるスタッフたちへの感謝が込められているようにも感じられる。なお、撮影は終了間近で、2021年8月7日にはイルサ役のレベッカ・ファーガソンが自身のパートの撮影を終えたことを報告している

本作には上述のキャストのほか、前作からホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービー、第1作からユージーン・キトリッジ役のヘンリー・ツェニーが復帰。新キャストとしてヘイリー・アトウェル、ポム・クレメンティーフ、シェー・ウィガムらが出演する。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2022年5月27日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Collider,Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly