Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』キトリッジの空白の25年、俳優が見解語る ─ イーサンとは緊張感のある関係

ミッション:インポッシブル
© Paramount Pictures 写真:ゼータ イメージ

スパイ・アクションシリーズ『ミッション:インポッシブル第7作は、第1作目に登場した、ユージーン・キトリッジが再登場することで早くから高い注目を集めている。

1996年公開の第1作『ミッション:インポッシブル』は、IMF所属のイーサン・ハント(トム・クルーズ)が、内通者の罠によって裏切り者との濡れ衣を着せられ、事件の真犯人を捜す物語。キトリッジは、IMFを監督するCIAエージェントで、イーサンを裏切り者と確信して迫る役どころ。ヘンリーはその後、『ミッション:インポッシブル』シリーズには出演しておらず、本作が復帰作となるわけだ。

このたび米Slash Filmのインタビューにて、ユージーン・キトリッジにふんするヘンリー・ツェニーが、『ミッション:インポッシブル』第7作について語っている。第1作目での出演依頼を受けた時から、ずばり25年の時を経て再演依頼を監督からオファーされたとのことで、キトリッジをさらに掘り下げることにすぐさま同意したのだという。とはいえ気になるのは、キトリッジが今の今まで一体どこで何をしていたのか。ヘンリーによる見解は以下の通りだ。

「彼は全ての機関をある程度経験して、この仕事がどのようなものなのか、そして国家情報の仕組みの中で自分がどのような立場にいるのかをよく理解している状況にあるでしょう。25年前には、イーサンに色々と教わっていたという風にも解釈しました。とはいえイーサンを知っていて、彼がこれまでにしてきたことも把握していて、何事でも相談すべき相手であることも理解しています。ただ、ひとりの人間が物事をコントロールすることは、決して良いことではないとも感じているのです。」

ヘンリーが明かすように、キトリッジとイーサンは1作目での誤解が解けながらも常に緊張感のある関係性にあるようだ。ふたりの関係性について、ヘンリーはさらに掘り下げて説明している。

「もちろん彼のことは尊敬していますが、同時に火のような存在でもあります。料理をするためには火が必要不可欠ですが、同時に火の扱い方には細心の注意を払わなければなりません。火が好き放題に動いてしまうと大変なことになりますよね。1作目でのふたりの関係は、イーサンがキトリッジにスパイの正体を教え、そのスパイを捕まえるというもの。キトリッジはこの出来事をきっかけに25年間、様々な機関を渡り歩くことになり、今では彼から何も教わることのないようになったというわけです。」

これはあくまでもヘンリーによる見解だが、果たして本作で空白の25年間や、イーサンとの緊張感あふれる関係性は描かれるのだろうか。そんなふたりの関係性の行方が気になる第7作は、2021年から2022年5月27日に公開が延期されている。つまり、キトリッジは26年の時を経ての再登場となるわけだ。

Source:Slash Film

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly