Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』第7作、2020年9月の撮影再開めざす ─ 終了目標は2021年5月、「屋外のシーンから始める」

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズ主演の人気スパイアクション映画シリーズミッション:インポッシブル』第7作(タイトル未定)は、2020年9月に撮影再開する方針で準備が進められていることがわかった。

本作は2月下旬に、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、イタリア・ヴェネツィアで開始されていた撮影を一時中断することになった。中断した時点では4~5日分の撮影が行われていたとのこと。それから3ヶ月以上が経過した今、アシスタント・ディレクターを務めるトミー・ゴームリーが、再開の日程について英BBCのラジオ番組「Today(原題)」にて明かした。

9月に撮影再開を目指しています。当初計画していた海外ロケ地をすべて訪れてから、イギリスにあるセットとスタジオに戻れればと考えていますよ。4〜5月末の終了を目標に撮影に臨む予定です。これは実現可能な目標だと確信していますよ。

かたや米Varietyでは、ベンジー・ダン役のサイモン・ペッグも、9月に撮影を再開する計画があることを認め、「屋外のシーンから(撮影を)始める予定です」と話した。ただし、近距離のアクションシーンをどのように撮影するのかはサイモンにも把握できていないようだ。

なお本作では、英国映画協会によって制定された安全ガイドラインに則って撮影を行うことになるとみられる。これには、撮影現場でスタッフやキャストが社会的距離(※2メートル)を確保すること、最少人数で撮影に臨むことなど、安全に製作を進行できるよう定められた内容が記されている。派手なアクションに加え、大規模な撮影や製作チームを伴う本作には実に不向きな内容といえるが、ゴームリーは「全ての作業に注意を払います。難しいこともありますが、アクションや車のない『ミッション:インポッシブル』はありえない」と語っている。

「映画業界のためにも仕事に復帰しなければなりません。そのためには、何万人ものスタッフが現場に戻る必要があります。当然、スタッフやキャストの安全を保ちながら撮影に臨む必要はありますが、決して不可能なことではなく、実現するために全力で取り組んでいるところです。」

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)。

あわせて読みたい

Source: Deadline, Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly