Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』第7作、ついに撮影終了 ─ 「史上最も困難な映画製作だった」2020年9月の始動から約1年

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
(c) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ最新作、ミッション:インポッシブル』第7作(タイトル未定)の撮影が終了したことがわかった。照明技師のマーティン・スミス氏がInstagramにて報告した。

この投稿をInstagramで見る

Martin Smith(@sparkymart)がシェアした投稿

『ミッション:インポッシブル』第7作は2020年9月に撮影が始まり、コロナ禍の影響を受けて2度の撮影中断を余儀なくされた。このたび、スミス氏は「2年前に、とあるミッションを引き受けました。今日、その任務を完了しました」と記している。「世界的なパンデミックの中、一人ひとりが自分の役目以上の仕事をしてくれました」とスタッフへの感謝を述べつつ、「史上最も困難な映画づくりだった」とも綴られた。

本作の撮影は約1年間に及んでおり、今回の撮影終了報告に先がけては、2021年8月上旬にレベッカ・ファーガソンが撮影終了を報告。また8月末には、新キャストのヘイリー・アトウェルが撮影を終えたこともわかっていた。製作陣は今後、当初は連続撮影の予定だったシリーズ第8作の準備に入るものとみられる。

出演者にはイーサン・ハント役のトム・クルーズをはじめ、イルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソン、ベンジー役のサイモン・ペッグ、ルーサー役のヴィング・レイムスが続投。前作からホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービー、第1作からユージーン・キトリッジ役のヘンリー・ツェニーが復帰し、新たにヘイリー・アトウェル、ポム・クレメンティーフ、シェー・ウィガムらが加わる。脚本・監督はクリストファー・マッカリー。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作(タイトル未定)は2022年9月30日に米国公開予定。なお、第8作は2023年7月7日に米国公開予定だ。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly