ローランド・エメリッヒ監督の新作海戦映画に浅野忠信、豊川悦司、國村隼が出演 ― ルーク・エヴァンス、ニック・ジョナスら共演

『インデペンデンス・デイ』(1996)や『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)、『ホワイトハウス・ダウン』(2013)など大作アクション映画を放ってきた映画監督ローランド・エメリッヒの新作映画『Midway(原題)』に、日本から豊川悦司浅野忠信國村隼が出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

本作『Midway』は第二次世界大戦中の1942年6月に起こったミッドウェー海戦を扱った作品で、激戦の最前線にあった兵士やパイロットたちを描くもの。製作費は1億ドル以上と報じられており、エメリッヒ監督による渾身の演出を味わうことができそうだ。

沈黙-サイレンス-

『沈黙 -サイレンス-』ブルーレイ&DVD発売中 (C)2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

現在報じられている出演者は、豊川、浅野、國村のほか、『ワイルド・スピード』シリーズや『美女と野獣』(2016)のルーク・エヴァンス、『スリー・ビルボード』(2017)や『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)のウディ・ハレルソン、『ダークナイト』(2008)や『ハドソン川の奇跡』(2016)のアーロン・エッカート、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)のニック・ジョナス、そして『ライトスタッフ』(1983)や『エデンより彼方に』(2002)などのデニス・クエイドという豪華な顔ぶれ。

さらに『デッドプール』(2016)のエド・スクレイン、『死霊館』シリーズや『アクアマン』(2018)のパトリック・ウィルソン、ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」(2016-)のマンディ・ムーア、『アリータ:バトル・エンジェル』(2018)のキーン・ジョンソン、ドラマ「高い城の男」(2015-)のルーク・クラインタンクという強力な布陣が揃った。

Deadlineの情報によると、ハレルソンは米太平洋艦隊司令長官のチェスター・ニミッツ役、ウィルソンは海軍少将エドウィン・T・レイトン役、エヴァンスは海軍少佐クラレンス・マクラスキー役、そしてジョナスは空軍通信使を演じるという。その他の配役は2018年8月12日現在不明だ。

 

本作の脚本を執筆するのは、ドラマ「ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン」(2016-2017)や「Colony(原題)」(2016-2018)を手がけたウェス・トゥック。ドラマの世界で頭角を現す新鋭が初めて挑む大作映画とあって、こちらも注目ポイントといえるだろう。

映画『Midway(原題)』は2018年9月5日より撮影が開始されるとのこと。さらなる情報を待ちたい。

Source: Deadline
Eyecatch Image: 『沈黙 -サイレンス-』ブルーレイ&DVD発売中 (C)2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。