Menu
(0)

Search

「マインドハンター」シーズン3実現、視聴者の声がカギ握る? 「関心と需要、Netflixに知らせて」とエピソード監督

マインドハンター
シーズン1 Patrick Harbron/Netflix

映画監督デヴィッド・フィンチャーが製作総指揮を務め、熱烈な支持を受けたNetflixシリーズ「マインドハンター」。2017年にシーズン1、2019年にシーズン2が配信されるも、現時点でシーズン3製作のアナウンスはなされていない。

「マインドハンター」は1970年代を舞台に、FBI行動科学課の特別捜査官たちが連続殺人鬼のプロファイリングに挑むスリラードラマ。このたび、シーズン1のエピソード監督を務めたアシフ・カパディアは、世界中のファンに行動を呼びかけた。

「世界中にいる(「マインドハンター」の)視聴者は、シーズン3への大きな関心と需要があることをNetflixに知らせなくてはいけません。もしも声が大きくなれば、本当に実現するかも……。」

「マインドハンター」は2019年12月にシーズン3の製作が無期限保留となり、出演者は契約から解放された。ただし、フィンチャーはNetflixとの独占契約を結んでおり、その後は『Mank/マンク』(2020)を手がけ、現在はマイケル・ファスベンダー主演の新作映画『The Killer(原題)』を企画中だ。同作にはティルダ・スウィントンらが出演し、撮影は2021年秋にも始まる予定。さらにNetflixでは、フィンチャーが製作総指揮を務めたドキュメンタリーシリーズ「VOIR」も配信される。

ちなみに2020年秋、シーズン3が製作されない理由について、フィンチャーは「すごく予算がかかったんです。熱心なファンはいてくださいますが、かかったコストを正当化できるほどの視聴率にはならなかった」と述べた。ただし、フィンチャーに継続のアイデアはあるようで、「いつかまたやりたい」ともコメント。Netflix側も「もしかすると5年後に」との声明を発表し、可能性を閉ざすことはしていない。こうなるとやはり、ファンの声も重要になってくるにちがいない。

Netflixシリーズ「マインドハンター」シーズン1・シーズン2は独占配信中。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly