Menu
(0)

Search

『ミニオンズ』続編、米サブタイトルは『ライズ・オブ・グルー』に決定 ─ 2020年7月米国公開

怪盗グルーのミニオン大脱走
(C) Universal Studios

米イルミネーション・エンターテインメント製作、『怪盗グルー』シリーズのスピンオフ映画『ミニオンズ』(2015)の続編映画が、『ミニオンズ/ライズ・オブ・グルー(Minions: The Rise of Gru)』というタイトルとなることが決定した。2019年5月22日現在、邦題は不明。米Deadlineが報じている。

ユニバーサル・ピクチャーズとイルミネーションは、『ミニオンズ/ライズ・オブ・グルー』を2020年7月3日に米国公開予定。『ライズ・オブ~』と聞けば、少なくない映画ファンは『スター・ウォーズ』新3部作の完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(原題:Star Wars: The Rise of Skywalker)』(2019年12月20日公開)を思い出してしまうところだが、このサブタイトルは狙って付けられたものなのか、それとも単なる偶然か。

ともあれ本作は、前作『ミニオンズ』がミニオンの歴史を起源からたどったのに対し、『怪盗グルー』シリーズや、その主人公フェロニアス・グルー(声:スティーブ・カレル)との繋がりが強い作品となりそうだ。ストーリーなどは明かされていないものの、『怪盗グルー』の前日譚的側面がさらに強まる可能性もあるだろう。もしそうだとしたら、『ライズ・オブ・グルー(グルーの台頭)』とは……?

『怪盗グルー』シリーズは2010年に『怪盗グルーの月泥棒』、2013年に『怪盗グルーのミニオン危機一発』、2017年に『怪盗グルーのミニオン大脱走』が製作された。スピンオフ作品には『ミニオンズ』のほか、短編として『ミニオンズ:アルバイト大作戦』(2016)や『ミニオンのミニミニ脱走』(2018)、『ミニオンのクリスマス大騒動』などがある。

本作で監督を務めるのは、前作や『怪盗グルーのミニオン大脱走』を手がけたカイル・バルダと、「ザ・シンプソンズ」に携わってきたブラッド・アブルソン。脚本は前作や『ペット』シリーズを執筆したブライアン・リンチが担当する。

映画『ミニオンズ/ライズ・オブ・グルー(邦題未定、原題:Minions: The Rise of Gru)』は2020年7月3日に米国公開予定。『怪盗グルーのミニオン大脱走』ブルーレイ&DVDは発売中。

こちらは『スカイウォーカーの夜明け』

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly