Menu
(0)

Search

『トムとジェリー』映画版に『アントマン』ルイス役マイケル・ペーニャが出演 ─ 実写とアニメが融合、主演はクロエ・グレース・モレッツ

Photo by Richard Sandoval https://www.flickr.com/photos/hispaniclifestyle/15502313931/ Remixed by THE RIVER

米ワーナー・ブラザース製作、実写とアニメが融合する映画版『トムとジェリー』に、『アントマン』シリーズのルイス役や『運び屋』(2018)などのマイケル・ペーニャが出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

1940年に始まり、現在も人気の『トムとジェリー』シリーズは、猫のトムとネズミのジェリーが“仲良くケンカ”するコメディ。本作ではアニメ版と同じく、トムとジェリーのコンビはいっさい言葉を発さず、声優もキャスティングされないという。

トムとジェリー
©CBS 写真:ゼータイメージ

映画版『トムとジェリー』にて主演を務めるのは、『キック・アス』シリーズや『キャリー』(2013)、リメイク版『サスペリア』(2018)などのクロエ・グレース・モレッツ。高級ホテルの新人従業員ケイラ役で、ジェリーがホテルに住んでいることを知り、クビになることを恐れて野良猫のトムをホテルに放つという。『トムとジェリー』はエピソードによってキャラクターの設定が違うこともあるが、今回のトムは飼い猫ではない…!

クロエ・グレース・モレッツ
Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chloe_Grace_Moretz_Cannes_2014_3.jpg

一方のペーニャが演じるのは、物語における悪役で、ホテルの副支配人のテランス。意地悪な性格で、ケイラを一時的に雇ったものの、ホテルの上層部がケイラを気に入り始めるや、彼女やトム&ジェリーと張り合うことになる。トムとジェリーのケンカにも思い切り巻き込まれるのだろう、『アントマン』シリーズで観客を惹きつけたコメディ演技に期待したい。

監督を務めるのは、『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』(2005)『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』(2007)のほか、数多くのコメディ映画を手がけてきたティム・ストーリー。トムとジェリーのケンカがエスカレートし、トムが薄っぺらになったり、真四角になったり、痛さでありえない高さまで飛び上がったりする、例の演出は映画でも健在なのだろうか…?

映画『トムとジェリー(邦題未定、原題:Tom & Jerry)』は2021年4月16日に米国公開予定

『運び屋』のシリアス・ペーニャも良かったですよね

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly