Menu
(0)

Search

【ロック様、熱唱】ディズニー映画『モアナと伝説の海』よりミュージカル映像が公開

2017年3月10日、日本で公開する最新のディズニーのアニメーション映画モアナと伝説の海から本編映像のミュージカルクリップが公開されました。

ロック様ことドウェイン・ジョンソン演じるマウイがミュージカル曲”You’re Welcome”(どういたしまして)を熱唱しています。
この歌は、高く青い空があるのも、暖かく夜を照らす火があるのも、太陽が照る時間が長いのも、海から吹く心地よい風があるのも、そもそもみんなが住む島が存在するのもすべて、おれ(マウイ)のおかげなんだ、といった歌詞の内容です。
さすがロック様、アニメになっても言うことのスケールが違う。

楽しそうに飛びわ回り、気持ちよさそうに歌うマウイと、そんな彼に若干引き気味なモアナのテンションのギャップが笑えますし、マウイの意志で動くタトゥーもゴツくてイカツいのに、可愛くデフォルメされてちょこちょこ動くので、入れ墨だらけの裸の男という気があまりしなく、抵抗なく見られます。

近年のディズニーのCGアニメーションは宣伝として、「アナ雪」の「レットイットゴー」や『ズートピア』の「トライ・エブリシング」などに見られるように、”歌”を武器にマーケティングを展開しています。
「レットイットゴー」はどんな言語のバージョンであってもすぐに口ずさめる歌のキャッチーさ、「トライ・エブリシング」は本国はシャキーラ、日本ではドリーム・アミが歌うという話題性で宣伝効果が出ていました。
「モアナ」もこのやり方に則ってマーケティング展開をしていますが、この”You’re Welcome”はトロピカルな雰囲気の心地の良い曲ではあるものの、すぐに口ずさめるほどポップでキャッチーとまでは言えない曲なので、マウイを演じるロック様のカリスマに頼っています。しかし、日本では悲しいかなロック様が大スターという認識は一般にはないので、日本での宣伝の際は吹き替えを演じる声優のカリスマ性、力量にかかっていると思われます。

そもそも『モアナと伝説の海』ってどんな映画?という方はこちらの記事で予告編のほぼ全訳を書いているのでこちらもご覧ください。

Writer

Nao C.V.
Nao C.V.Nao Goto

パンクロックと映画が好きです。ストレートエッジになりたいのに、ストーナーフィルムに憧れています。ヴィーガンです。スタンドアップコメディアンもやってます。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly