Menu
(0)

Search

【ロック様、熱唱】ディズニー映画『モアナと伝説の海』よりミュージカル映像が公開

2017年3月10日、日本で公開する最新のディズニーのアニメーション映画モアナと伝説の海から本編映像のミュージカルクリップが公開されました。

ロック様ことドウェイン・ジョンソン演じるマウイがミュージカル曲”You’re Welcome”(どういたしまして)を熱唱しています。
この歌は、高く青い空があるのも、暖かく夜を照らす火があるのも、太陽が照る時間が長いのも、海から吹く心地よい風があるのも、そもそもみんなが住む島が存在するのもすべて、おれ(マウイ)のおかげなんだ、といった歌詞の内容です。
さすがロック様、アニメになっても言うことのスケールが違う。

楽しそうに飛びわ回り、気持ちよさそうに歌うマウイと、そんな彼に若干引き気味なモアナのテンションのギャップが笑えますし、マウイの意志で動くタトゥーもゴツくてイカツいのに、可愛くデフォルメされてちょこちょこ動くので、入れ墨だらけの裸の男という気があまりしなく、抵抗なく見られます。

近年のディズニーのCGアニメーションは宣伝として、「アナ雪」の「レットイットゴー」や『ズートピア』の「トライ・エブリシング」などに見られるように、”歌”を武器にマーケティングを展開しています。
「レットイットゴー」はどんな言語のバージョンであってもすぐに口ずさめる歌のキャッチーさ、「トライ・エブリシング」は本国はシャキーラ、日本ではドリーム・アミが歌うという話題性で宣伝効果が出ていました。
「モアナ」もこのやり方に則ってマーケティング展開をしていますが、この”You’re Welcome”はトロピカルな雰囲気の心地の良い曲ではあるものの、すぐに口ずさめるほどポップでキャッチーとまでは言えない曲なので、マウイを演じるロック様のカリスマに頼っています。しかし、日本では悲しいかなロック様が大スターという認識は一般にはないので、日本での宣伝の際は吹き替えを演じる声優のカリスマ性、力量にかかっていると思われます。

そもそも『モアナと伝説の海』ってどんな映画?という方はこちらの記事で予告編のほぼ全訳を書いているのでこちらもご覧ください。

Writer

Nao C.V.
Nao C.V.Nao Goto

パンクロックと映画が好きです。ストレートエッジになりたいのに、ストーナーフィルムに憧れています。ヴィーガンです。スタンドアップコメディアンもやってます。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly