Menu
(0)

Search

【インタビュー】映画『モンスターハンター』なぜ別世界? ─『メタルギアソリッド』からの影響、監督が原作愛を語る

モンスターハンター
©Constantin Film Verleih GmbH

実写映画版『モンスターハンター』が、2021年3月26日(金)に待望の日本公開を迎えた。突如発生した超巨大な砂嵐に遭遇してしまい、謎の世界に飛ばされた特殊部隊を率いる隊員アルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が、ミステリアスなハンター(トニー・ジャー)と手を組み、モンスターと決死の戦いに挑む姿が描かれる。想像を絶する世界へ一狩りいこうぜ!

この度THE RIVERは、『モンスターハンター』にてメガホンをとったポール・W・S・アンダーソンにインタビューを実施。貴重な機会の中で、原作との出会いから映画化の経緯や、ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『メタルギアソリッド』からの影響、最も好きな武器、気になる続編などについて訪ねてみた。

モンスターハンター
©Constantin Film Verleih GmbH

『モンスターハンター』との出会い

『モンスターハンター』
(c) Constantin Film Verleih GmbH

──いきなりですが、ディアブロスを監督と一緒に狩りにいきたいです。

ディアブロスはミラと一緒に狩りに行くと良いですよ。私よりも上手なので(笑)。

──それも楽しそうですね。いきなり個人的な質問で大変失礼しました。それでは本題に入らせていただきます。ゲーム『モンスターハンター』シリーズとの出会いや、映画化までの経緯について詳しく教えてください。

『モンスターハンター』をはじめてプレイしたのは12年前のこと。日本では当時から非常に良く知られているゲームでしたが、日本以外ではそこまで認知されていませんでした。そもそもほとんど日本だけで展開されているような作品だったので。そこでたまたま友人から、この作品について教えてもらい、はじめてプレイしました。『ジュラシック・パーク』のサム・ニールのキャラクターみたいな気分でしたよ。恐竜をはじめて見て驚くみたいな。

モンスターだけでなく、風景や自然が本当に素晴らしく作り込まれていて、そんなものは他に見たことがありませんでした。その世界観に一瞬にして虜になり、これは素晴らしい映画になると確信したんです。壮大なフィールド、巨大なモンスター、壮大なストーリー、これこそビッグスクリーン向けの作品として必要なものだと。それで私自身が作りたいとも思いました。それが10年前のことで、その翌年ぐらいから映画化について、カプコンと話し始めたという流れですね。私にとっては夢のような企画というわけです。

『モンスターハンター:ワールド』からの影響

モンスターハンター
©Constantin Film Verleih GmbH

──ゲーム『モンスターハンター:ワールド』を彷彿とさせる場面が多く登場しますが、その理由はなぜでしょうか?

『モンスターハンター:ワールド』の要素を多く取り入れた理由は、実のところセールスになります。シリーズの中でも、『モンスターハンター:ワールド』は世界中で人気を博したものなので。5年前ぐらいまでは、『モンスターハンター』のゲームについてアメリカやヨーロッパで話してもほとんどの人は聞いたことがありませんでした。ただ、『モンスターハンター:ワールド』で、大きく状況が変わりましたよね。だから、『モンスターハンター:ワールド』に寄り添った作品にするべきだと考えたんです。

──そのほかの『モンスターハンター』シリーズからは参考になされなかったのですか?

そのほかの作品の要素や神話も取り入れたいと思いましたよ。実際に取り入れたのが、劇中でも描かれる古代文明です。ミステリアスでありながら、テクノロジーにおいてはかなり発達している。それが興味深くて、それが空の回廊であろうと空の展望台であろうと、何としても映画に取り入れようと思ったんです。

また、モンスターもそのほかのシリーズから復活させたいと思いました。それが、私が個人的に気に入っているネルスキュラです。残念ながら、『モンスターハンター:ワールド』には登場しませんが、とにかく見た目も怖くて不気味で、デザインが素晴らしいです。

このゲームにおけるデザインには本当に魅了されました。モンスターに関しては想像力で溢れていますよね。日本のデザインは、本当に強烈なものばかりで、世界中のどこを探しても日本に勝る国はありません。だからゲームをはじめてプレイしたときは本当に衝撃を受けましたし、フィルムメイカーとしてこんなに凄いものを映画化できることが光栄でならなかったです。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly