Menu
(0)

Search

【レビュー】映画『モンスターハンター』モンスター&フィールド&武器など溢れる原作愛、想像を絶する世界に一狩り行こうぜ

モンスターハンター
(c) Constantin Film Verleih GmbH

実写映画版『モンスターハンター』が、2021年3月26日に待望の日本公開を迎える。想像を絶する世界に一狩り行こうぜ!

本作では、突如発生した超巨大な砂嵐に遭遇してしまい、謎の世界に飛ばされた米軍の中尉アルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が、ハンター(トニー・ジャー)と手を組み、モンスターと決死の戦いに挑む姿が描かれる。狩猟を協力する調査団、大団長役に『ヘルボーイ』シリーズのロン・パールマン、受付嬢役に山崎紘菜が起用されている。監督は『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンだ。

筆者は世界中が待ち望む本作を一足先に観賞する機会に恵まれた。『モンスターハンター』シリーズのモンスター、フィールド、武器など、原作愛に溢れた要素について読者の楽しみを損なわない程度に紹介し、レビューをお届けしたい

圧倒的な存在感、ディアブロス&リオレウス

『モンスターハンター』
(c) Constantin Film Verleih GmbH

本作では、“砂漠の暴君”で馴染み深い「ディアブロス亜種」、“空の王者”の異名を持つ「リオレウス」が降臨する。ゲーム版の看板的存在と言っても過言ではない2体だ。ディアブロス亜種は、アルテミスとハンターが狩猟する最初の敵。砂漠の中から角を剥き出しにして素早く飛び出す動きや、頑丈かつ強力な角で突進する攻撃は、ゲーム版以上に迫力満点だった。攻撃だけでなく、部位破壊・致命傷を与えられた時などに体制を崩す姿なども、驚くべきほどに忠実。その光景に筆者は、「グッジョブ!」と胸が熱くなった。

動きの再現度の高さに驚かされると同時に、アルテミスとハンターが戦う姿にも驚愕。ディアブロス亜種が最初の狩猟相手とは、ゲームでは普通には考えられないためだ。狩猟経験が豊富なハンターであればまだしも、アルテミスにとっては初めて見る巨大かつ凶暴な敵。米軍の中尉とはいえ、逃げることに徹しても不思議ではない局面ではないだろうか。ところが、アルテミスはハンターに劣らない強さと勇姿を見せながら立ち向かっていく。

『モンスターハンター』
(c) Constantin Film Verleih GmbH

全身に炎を纏いながら巨大な翼を広げて大空を翔けるリオレウスは、ゲーム版以上に壮観な仕上がりとなっていた。最大金冠級のリオレウスによる、相手を一瞬にして焼き払う強力な火炎ブレスや、鋭い目で相手を威嚇する姿は想像を遥かに越える存在感を放っており、ゲーム版では体験できないような、映画ならではの恐怖を観客に与える。容赦なく繰り出される攻撃に気を抜く瞬間もなく、逃げ場もないアルテミス。そんな空の王者を相手に、アルテミスは決死の勝負に挑む。

『モンスターハンター4』からは、「ネルスキュラ」が本作に登場する。吐いた糸で獲物を拘束して毒攻撃を仕掛ける、巨大な蜘蛛のような姿をしたネルスキュラは、アルテミスを地の果まで追い詰める敵として序盤に登場する。サイズはリオレウスやディアブロス亜種と比べると少し小さいが、その凶暴さは2体にも劣らないほどのものだ。

ネルスキュラが登場する場面では、『バイオハザード』シリーズを彷彿とさせられるような恐怖演出も施されており、本編で最も怖い場面のひとつと言えるだろう。ちなみにネルスキュラは、ポール・W・S・アンダーソンがゲームシリーズの中で、特に感銘を受けたモンスターでもあるのだという。さらに予告編で一瞬だけ登場した黒く染まる黒蝕竜、「ゴア・マガラ」についても詳しく紹介したいところだが、こちらに関しては自身の目で実際に確かめて貰いたい。

息を呑むフィールド、圧巻の武器さばき

『モンスターハンター』
(c) Constantin Film Verleih GmbH

再現度の高さはモンスターだけではない。『モンスターハンター』シリーズの醍醐味は、地形や多種多様な生態系が混在する世界で、モンスターという本能のまま生きる相手を自由に狩猟すること。そんな極限の世界観を再現するため、モンスター以外ではCGが使用されていないようで、「古代樹の森」や「大蟻塚の荒地」を彷彿とさせるフィールドもまた、鬱蒼とした森林や壮大な砂漠を実際に探して撮影されたようだ。フィールドの細部まで計算された再現力や、その美しさに思わず息を呑むだろう。

また、ハンターは「グレイトハンターボウ」「オオアギト」と思われる弓と大剣を使用し、アルテミスも「スリンガー」や「双剣」を使用しており、ミラ・ジョヴォヴィッチ&トニー・ジャーによる華麗な武器さばきも見事だ。もちろん、弓・大剣・双剣だけでなく、その他にも多種多様な武器が登場する。それらを駆使して繰り広げられる、迫力満点な戦いからは一瞬たりとも目が離せない。

総評

モンスターハンター
©Constantin Film Verleih GmbH

さらに大団長や受付嬢、アイルー/料理長、肉焼きシーンなど、『モンスターハンター』シリーズへの愛は充分に感じられるのだが、正直なところ気になる部分がないといえば嘘になる。アルテミスが現実世界から異世界に飛ばされるという展開を物語に持ち込んだことにより、様々な弊害が生まれているのだ。

アルテミスとハンターによる異なる言語での掛け合いなど、世界観の説明がやや冗長に描かれている。その結果、物語の進む速度が遅くなるほか、ハンターたちがモンスターを様々な武器を駆使して狩猟するという、一番の見どころに割ける時間が少なくなってしまっているのだ。もちろん世界観の説明は、『モンスターハンター』シリーズを初めて観る人に対しては間違いなく必要な要素だが、それでも適切な量だったとは言えないだろう。

脚本に異論はあれど、『モンスターハンター』シリーズのモンスターやフィールド、キャラクター、武器など、ゲーム愛に溢れた演出や細部まで計算された世界観作りに関しては、筆者としては高く評価したいところ。したがって、『モンスターハンター』シリーズのファンには必見の作品と言えるだろう。

モンスターハンター
©Constantin Film Verleih GmbH

映画『モンスターハンター』は、2021年3月26日(金)公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly