Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』に続くモンスター・ヴァースも「安泰だ」「ワクワクする話が動いている」と脚本家

ゴジラvsコング
© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

コロナ禍にあって希望的なヒットを記録したゴジラvsコング(2021)では、2大怪獣大激突がダイナミックに描かれた。『GODZILLA ゴジラ』(2014)『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)のゴジラ、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)のコングが直接対決するとあってファンを興奮させたが、モンスター・ヴァースモンスターバース)はこれで終わらない。

既に製作レジェンダリー・ピクチャーズはシリーズの新たなる「1作、あるいはそれ以上」のため企画に着手しているといい、その案として『Son of Kong』の仮題が伝えられている。その名からしてコング側の物語になりそうだが、ここにはゴジラの東宝とレジェンダリーの契約がひとまず『ゴジラvsコング』をもって終了する、という裏事情もある。

となるとモンスター・ヴァースは、ゴジラ無きまま進んでいくのだろうか?王が不在となれば寂しさは拭えないが、『ゴジラvsコング』脚本のマックス・ボレンスタインは心配いらないのだと話している。

ワクワクするような話が動いているのを聞いているんですが、ここでは言えません。すごくうまくやっているし、僕にもちゃんと考えがある。携わることができて、いつも興奮していますよ。安泰だと思うし、『ゴジラvsコング』が成功したこともあって、きっと新しくて、面白い次回作がやってくるでしょう。」

ボレンスタインは米ScreenRantに、「公式に言えることは何も無いんですが」と断りながら、「実際に『ゴジラvsコング』はうまくいったんですし、観客の反応も良かった」と満足を語っている。なお、『Son og Kong』には現在『ゴジラvsコング』のアダム・ウィンガード監督が就任交渉中にあるとされる。ボレンスタインはじめ製作陣もモンスター・ヴァースの継続を望んでおり、それはもちろんファンが願うところでもある。

次回作がどう動くのか、現時点で確たるものはないようだが、ボレンスタインも「うまくやっている」「安泰だ」と話している。ここは大船に……大獣に乗ったつもりで続報を待つとしよう。

結局、ゴジラvsコングはどちらが勝者?

Source:ScreenRant

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly