ローレンス・フィッシュバーン、マーベルの新作アニメを製作!天才少女と恐竜がタッグ『ムーンガール&デビルダイナソー』

映画『マトリックス』シリーズや『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)などに出演する俳優ローレンス・フィッシュバーンが、マーベル・コミックを原作とする新作アニメシリーズを製作することがわかった。
タイトルは『ムーンガール&デビルダイナソー(仮題)』で、全世界のディズニー・チャンネルにて放送される見込みだという。米Deadlineが報じている。

本作は2015年よりスタートしたコミック「ムーンガール&デビルダイナソー(原題:Moon Girl and Devil Dinosaur)」を原作とするもの。9歳の天才少女ルネラ・ラファイエット/ムーンガールと、現代に現れた赤い恐竜デビルダイナソーがタッグを組み、意志を通わせながら世界を守るため戦うストーリーだ。ハルクやキャプテン・マーベルなど有名ヒーローも登場するため、アニメ版でも思わぬ顔合わせによる活躍が見られるかもしれない。

現在、アニメ版『ムーンガール&デビルダイナソー』は企画開発中。ローレンス・フィッシュバーンは本作のエグゼクティブ・プロデューサーを務めており、自身の製作会社であるシネマ・ジプシー・プロダクションズとマーベル・アニメーションがシリーズを共同でプロデュースする。実際にアニメーションの製作を担当するのは、映画『her/世界でひとつの彼女』(2013)にも参加したティットマウス社だ。

なお、ローレンスはマーベル・シネマティック・ユニバース作品『アントマン&ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』(2018年7月米国公開)にビル・フォスター役で出演している。以前、インタビューでマーベルとの別プロジェクトに携わっていることを明らかにしていたが、それが本作ということだろう。

アニメ版『ムーンガール&デビルダイナソー(仮題)』の米国放送時期など詳細は不明
ちなみにローレンスの出演する最新作『ジョン・ウィック:チャプター2』のブルーレイ&DVDは現在発売中だ。

Source: http://deadline.com/2018/02/marvels-moon-girl-and-devil-dinosaur-based-comic-book-series-tv-disney-channels-worldwide-1202296647/
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。