Menu
(0)

Search

【レビュー】『ムーンライト』は単なる黒人映画じゃない!「3つの海」から読み解く

2017年度のアカデミー賞を3部門で受賞し(作品賞の発表は苦々しいものでしたが、それも含めて)何かと話題のムーンライト。2017年4月22日、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」でも満を持して紹介され、宇多丸氏の評価もかなり高く評判の一作です。放送を聴いて映画館まで足を運んだという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

…………というのは一部コアな映画ファンの間だけで、一般的に日本国内ではアカデミー賞対抗馬であった『ラ・ラ・ランド』ほどの注目を集めず、全体的に「まずまず」といったところ。映画.comでもレビューの数は『ラ・ラ・ランド』の923件に対し、『ムーンライト』は152件。ちなみに『美女と野獣』は公開3日目にして107件のレビューが寄せられています。(2017年4月24日18時現在)

そうした状況ですが、やはり良いものは良い。それは揺るぎません。『ムーンライト』の素晴らしさをなんとかお伝えすることはできないかと思いました。前半にネタバレなしで基本情報を、後半では作品の内容に触れながらレビューしていきたいと思います。

少年が青年になるまで

まずは重大なネタバレを避けて考察をしていきたいと思います。既に作品をご覧の方もおさらいがてらにサラサラっとどうぞ。

ムーンライト
© 2016 A24 Distribution, LLC
フライヤーからもわかるように、この映画は①とある少年シャロン②思春期を経て③いつしか青年シャロンになるまでの半生を描いた作品ですが、彼の半生は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』や『フォレスト・ガンプ』のような数奇で起伏の激しい人生ではありません。非常に狭いコミュニティの中で苛烈な出来事がまるで流れ作業のように淡々と起こっていきます。

ある事で悩むシャロンが「今はまだわからなくてもいい。そのうちわかる」と優しく慰められるシーンがあるのですが、映画はシャロンを甘やかすことなく容赦なく時計の針を高速で回していきます。このように起承転結の起伏の高低差が低い分、映画は全力投球でシャロンの心理の機微を描くことに集中しています

彼の人生の中でいくつかターニングポイントがあるのですが(生きてれば誰でもありますよね)、驚くことにそれらはバッサリと省略されています。

1.少年期
 (2.ブランク)
3.思春期
 (4.ブランク)
5.青年期

構成としては上の1, 3, 5にあたる部分が描かれ、2と4の部分は省略されているのですが、この2と4で起こったであろう重大な出来事が3と5で「そういえばそんなことあったよね~」くらいのめちゃくちゃ軽いテンションで観客に提示されます。これが結構ショッキングで、それだけで1本、いや5本くらい映画を作れそうなものなのですがそうした出来事は徹底的に(おそらくあえて)排除されています。

物語の展開の意外さで観客を翻弄するのではなく、シャロンの心境の変化・精神的成長を見せつけることに精力が注がれています。そうした想いから同様に我々にも「シャロンに集中して欲しい」というメッセージを込めて衝撃的なエピソードを省いているのではないかと考えられます。これだけでもあまり他には例のない作品であると言えるのではないでしょうか。

ちなみに、余談ですが起用された3人の俳優たちは撮影の期間中に顔を合わせることを禁じられていたそうです。

シャロンは黒人ではない?

ムーンライト
© 2016 A24 Distribution, LLC
一見すると(日本人の我々からすれば特に)風変わりな環境で主人公のシャロンは生きています。

『ムーンライト』という映画は「黒人」、「ゲイ」、「LGBT」、「貧困」、「ドラッグ」というキーワードと共に語られがちです。たしかにそうしたマイノリティたちをメインキャラクターに登用することでスポットライトを当てた映画です。それは間違いではありません。

しかし、この作品の中でシャロンは鍵括弧つきの「黒人」として現れてはいません。「え?黒人じゃないの?黒人でしょ?」と思われるかもしれませんが、たしかに彼は黒人です。間違いありません。しかし一方で黒人ではありません。噛み砕いて説明しますとシャロンは黒人の多い地域に生まれ、黒人と共に育ち、そしてそのまま大人になります。もはや、恐らく彼が人生の中で「自分が黒人だ」と意識する時間はほんのわずかしかないでしょう。閉鎖的な島国で暮らす我々が普段日本人であることを意識していないのと同様に彼は常々自らの肌の色を意識することはありません。『最高のふたり』のように人種を理由にあらゆる差別を受けるわけでもなければ、公民権運動に奮闘し汗を流すでもなく黒人であることを背負ってジャズに打ち込むわけでもありません。

Writer

けわい

不器用なので若さが武器になりません。西宮市在住。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly