Menu
(0)

Search

『モービウス』のマット・スミスは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ネビュラ役カレン・ギランのおかげで出演? ─ やさしさ溢れるインタビュー

ヴェノム』のソニー・ピクチャーズが贈る新たなヴィラン映画モービウスが日本公開を迎えた。

主人公は天才医師マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)。血液の難病に苦しんでいた彼は、コウモリの血清を投与するという危険な治療を試みる。すると彼の身体は激変、超人的パワーとレーダー能力を手に入れる。しかしその代償として、血への渇望が抑えきれなくなる。

THE RIVERでは、ダニエル・エスピノーサ監督&アドリア ・アルホナと、主演ジャレッド・レト、そしてマット・スミスへの動画インタビューを敢行。この記事では、スミスへの取材の様子を実際の映像とテキストでお届け。

このインタビューは時差のため、日本時間では早朝にバーチャルで行われた。筆者の入り時間は朝4時台、スミスへの取材は5時台になったのだが、スミスは筆者が日本から参加していると知り、「早朝からありがとう」と気遣ってくれている。もちろん筆者から日本時間を伝えていた事実はない。スミスの紳士的な一面が見られる取材となった。

『モービウス』マイロ役マット・スミス 単独インタビュー

──ハイ、マット!

やぁ。元気?

──とても元気ですよ。あなたは?

僕も元気です。今日はわざわざ、こんなに朝早くからありがとうございます。

──そんな!ありがとうございます。こちらこそお時間いただいて。

とんでもない。

──さて『モービウス』は、あなたにとって初のマーベル映画ですね。「ドクター・フー」でのあなたの友人であるカレン・ギランやデイヴィッド・テナントは既にマーベル作品に出演されています。「ついに僕も出演するんだ」みたいなお話はされましたか?

はい。実はカレンに電話をかけてアドバイスをもらいました。どんな感じ?楽しい?と聞きましたね。彼女は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で良い時間を過ごしたそうです。ネビュラ役が素晴らしかったですね。

彼女もすごく応援してくれたので、大スケールで楽しそうだなと思いました。だから出演を決めたんです。

──あなたが演じたマイロは素晴らしいヴィランですね。あなたがダンスしていたところが最高でした。どうやら人って、邪悪な力を得るとダンスするみたいですね。『スパイダーマン3』のトビーも踊ってましたし。それで、あなたのダンスシーンの振り付けはアドリブですか?脚本上ではなんと書かれていたのでしょうか。

もともと脚本にはなかったシーンです。映画が進んでいく中で、マイロの能力が開花して、それを楽しんでいるような描写を入れたいと思ったんです。彼らしいのやり方でね。

あのダンスはその場でやってみたもので、2〜3回撮りました。ダニエル監督らしい、変わったビートの音源を流してもらってね。で、ただ踊ったんです。

──マイロはリッチな男で、部屋着までゴージャスです。衣装について、ご自身でアイデアを出したことはありましたか?

はい。彼は金持ちだから、趣味がちょっと派手になるというか、良い意味じゃなくて、ギラギラしていても良いと思ったんです。そこで一つ提案したのは、リーボックのクラシック・シューズ。どうしても彼に履かせたかったんです。

──マイロは僕の新たなお気に入りヴィランなのですが、

(右拳を上げて)イエース!

──(笑)、マイロからは、古いモンスター映画やホラー映画のような印象を受けました。インスピレーションはどこから?

もちろん、まずは脚本から始めるわけですが、もともとヴァンパイア映画は好きだったので、いつも注目していました。歴史的に観ていたので、それに近い機会を頂けてすごく興奮しましたよ。飛びつきました。90年代の古いヴァンパイア映画をたくさん観ました。

──本作では、あなたと、モービウスのジャレッド・レトとの関係性が鍵になっています。撮影はコロナ禍前でしたよね?

そうですね。撮ったのはもう数年前。2年半前かな。結構前ですね。

──彼と仲を深めるために遊びに出かけましたか?

いいえ。ジャレッドとそういうことはありませんでした。彼はずっと役のままでいるタイプですので、ジャレッドのことはマイケル・モービウスとしてしか知りません。

──本作はマーベル・ユニバースの作品です。将来何が起こってもおかしくありません。将来、またこのユニバースに戻りたいですか?

もちろんですよ。どうなるかはわからないけれど、戻りたい気持ちはあります。やる気満々ですよ。

──ありがとうございました!

ありがとうございました。ねぇ、そっちは朝早いんだよね?そんなに早起きしてくれて、ありがとう。

──ご親切に、ありがとうございます!

良い1日を!

映画『モービウス』は2022年4月1日日本公開。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly