Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』バロン・モルドは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を生き延びたか? ─ キウェテル・イジョフォー、決死のネタバレ攻防戦

https://twitter.com/MTVNEWS/status/1089310651032498177 スクリーンショット

マーベル・シネマティック・ユニバース作品に出演する俳優たちの多くには、2018年春以降、ひとつの任務が与えられている。「あなたの役は“指パッチン”の後どうなったんですか」という質問をなんとかごまかさなければならないのだ。

今回の標的となったのは『ドクター・ストレンジ』(2016)バロン・モルド役のキウェテル・イジョフォー。モルドは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で起こった出来事を生き延びたのか。ネタバレをめぐり、キウェテルが米MTV NEWSのインタビュアーと決死のバトルを繰り広げた。

この記事には、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ドクター・ストレンジ』のネタバレが含まれています。

ドクター・ストレンジ
Photo by DAVID HOLT https://www.flickr.com/photos/zongo/30548539612/ Remixed by THE RIVER

バロン・モルド、“指パッチン”の後どうなった?

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の終盤、6つのインフィニティ・ストーンを全て手に入れたサノスは、指を鳴らして全宇宙の生命を半分にまで消滅させてしまう。その結果、ドクター・ストレンジを含む何人ものヒーローが塵となり消えてしまった。

そんな『インフィニティ・ウォー』にモルドは登場しておらず、『ドクター・ストレンジ』で思想・価値観の違いからストレンジらと袂を分かって以降、その動向については何も明らかになっていない。

徹底した秘密主義で知られるマーベル・スタジオのことである。生死を含め、モルドの今後に関しては超機密情報だ。そんな情報を巡り、どうしてもネタバレを話したくないキウェテルと、どうしても知りたいインタビュアーの間での攻防戦が繰り広げられた。

先陣を切ったのはインタビュアーだ。モルドがサノスの指パッチンで消えたかどうかを単刀直入に聞くと、キウェテルは「えーっと、映画が公開されたら二人で観ないといけませんね」と答えた。これを聞いたインタビュアーが、笑いながら「いや、『インフィニティ・ウォー』の話ですよ。半分の人口が…」と追い討ちをかけると、キウェテルもニヤニヤしながら「知ってますよ、何を聞かれてるのかはわかってます」。すでに笑いが止まらず腹を抱えたインタビュアーを前に、「だから映画を観ないといけませんね、って言ってるんです」とごまかしの態勢だ。

笑いを必死で抑えながら、インタビュアーは「映画って『アベンジャーズ/エンドゲーム』ですよね?」と確認。するとキウェテルは「そう、そうですよ」と答えた。しかしなにやらおかしくなってきたのか、「普通、その、なんていうか」としどろもどろになりながら「どうなったのかを全部話したって、どうにもならないでしょ?(笑)」

「待って。ということは、『エンドゲーム』の内容を教えてもらうよりも、実際に映画を観た方が面白いってことですか?」。もはやめちゃくちゃな食い下がりに、キウェテルは「ちょっとね、ちょっとだけね!」。いよいよ謎のノリに突入した二人は止まらない。インタビュアーが「映画に対する考えが違うんですね」と言えば、キウェテルは「僕は映画を観るのが楽しいんで。“ああ、こうなるんだ”って」と応じる。インタビュアーは「僕は違うんですよ、紙に書いといてほしいんです」と笑った。

最後にキウェテルは、おどけながら「“今知りたいんだ、あなたに今教えてほしいんだ、どうなるのか全部を知ってから観たいんだ!”(笑)」とインタビュアーの心の声を代弁。もはや何の話かわからないままに二人のやり取りは幕を閉じている。

これはキウェテルの圧勝といっていいのだろうか、そもそもネタバレ攻防戦など最初からあったのだろうか。とにかく最後までネタバレ情報を明かさなかったキウェテルだが、気になるのは『インフィニティ・ウォー』後のモルドについて何かしら知っている素振りを見せたことだ。そして、繰り返し『エンドゲーム』を観るようコメントしていたことである。もしかして、同作に出演しているから知っているのでは……?

ちなみにモルドの師匠であり、『ドクター・ストレンジ』で命を落としたエンシェント・ワンは『エンドゲーム』に登場するのではと噂されている。エンシェント・ワンとともに、モルドが同作に再登場する可能性もなきにしもあらずだろう。いずれにせよキウェテルの言う通り、全てを知るには『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開を待つしかなさそうだ。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Source: MTV NEWS

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly