Menu
(0)

Search

『モータルコンバット』続編、真田広之が復帰に前向き ─「GET OVER HEREとまた言いたい」、スコーピオン再登場なるか

モータルコンバット
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

モータルコンバット』(2021)の続編映画、『モータルコンバット2(仮題)』が進行中だ。2022年1月に正式決定した続編映画は、7月に前作から続投する形で、サイモン・マッコイド監督の就任が報じられた。キャストに関する情報は伝えられていないが、このたびスコーピオン役の真田広之が続編について言及している。

社会現象を巻き起こした格闘ゲームシリーズ『モータルコンバット』は、“フェイタリティ”という敗れた相手を惨殺する残虐の演出が特徴的な作品だ。実写版ではその残酷描写を忠実に再現しながら、360度展開の超絶アクションをみせつけ、世界中の観客を魅了した。

地球上の選ばれし戦士たちと魔界最強の刺客たちが、それぞれの正義のために世界の命運を懸けた禁断の死闘、“モータルコンバット”で繰り広げる壮絶な格闘場面もさることながら、それぞれのキャラクターたちのバックグラウンドも丁寧に描かれており、ヒューマンドラマも見どころのひとつとなっていた前作。続編での物語は不明だが、企画が発表されて以来、ファンからスコーピオン役として真田の復帰を望む声が絶えない。果たして、その可能性はあるのだろうか?

Comicbook.comの取材に応じた真田は、『モータルコンバット』続編での再登場について質問されたところ、「まだ正式には何も聞いていないので、どうなるかは全くわかりません」としながらも、「スコーピオンのパートを作ってほしいです」と復帰に前向きな姿勢をうかがわせている。「“こっちへ来い!(Get Over Here)”とまた言いたいです」との期待も寄せており、ゲームでもおなじみのスコーピオンの決め台詞を再び口にしたいようだ。

なお、『モータルコンバット』続編の脚本を執筆しているのは、グレッグ・ルッソとデイブ・キャラハムに代わり、「アンブレラ・アカデミー」(2019-)「ムーンナイト」(2022)などのジェレミー・スレイター。そこにスコーピオンの物語が盛り込まれることに期待しよう。

Source:Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly