Menu
(0)

Search

『モータルコンバット2』、キタナ役が決定 ─ 「サブリナ」「リバーデイル」の新鋭に

モータルコンバット
MORTAL KOMBAT, the DRAGON LOGO and all related characters and elements are trademarks of and (c) Warner Bros. Entertainment Inc. Mortal Kombat (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

最強格闘ゲームを実写映画化した『モータルコンバット』(2021)の続編『モータルコンバット2(仮題)』で、キタナ役を演じる俳優が決定した。米The Hollywood Reporterが報じている。

キタナはゲームシリーズ第2作に初登場したキャラクターで、アウトワールドの帝王シャオ・カーンの側近暗殺者にして、カーンと彼の妻であるシンデルの娘。成長するにつれて自身の出生に疑問を抱くようになったキタナは、自分の父親がカーンではないことを知ってしまう。キタナはモータルコンバットの開催に際してカーンを裏切り、地球からやってきたリュウ・カンらと共にカーンを撃破する。鉄扇を武器に戦う。


このたびキタナ役にキャスティングされたのは、Netflix製作のダーク・ファンタジードラマ「サブリナ:ダーク・アドベンチャー」(2018‐2020)でスクリーンデビューを飾り、4シーズンにわたってアガサ役を演じた香港出身のアデライン・ルドルフ。青春ドラマ「リバーデイル」(2019‐)やドラマ版「バイオハザード」(2022)などにも出演している新進気鋭俳優だ。

なお続編には、「サブリナ:ダーク・アドベンチャー」でルドルフとタッグを組んだタティ・ガブリエルも出演。『アンチャーテッド』(2022)で悪役トレジャーハンターのジョー・ブラドック役を演じたガブリエルは、キタナの親友でカーンの側近暗殺者であるジェイド役にキャスティングされている。リユニオンを果たすルドルフとガブリエルは、「サブリナ:ダーク・アドベンチャー」で4シーズンにわたって共演しているため、息の合った演技を見せてくれそうだ。

さらに、異色スーパーヒーロードラマ「ザ・ボーイズ」(2019‐)やリブート版映画『スター・トレック』シリーズなどで知られるカール・アーバンの参加も発表されており、アーバンはハリウッドでスーパースターになった俳優にして格闘家のジョニー・ケイジ役を演じる。

現時点で製作スタジオのワーナー・ブラザース・ディスカバリーからキャストの正式な発表はないが、主人公コール・ヤング役のルイス・タン、ソニア・ブレード役のジェシカ・マクナミー、ライデン役の浅野忠信、リュウ・カン役のルディ・リン、スコーピオン/ハサシ・ハンゾウ役の真田広之ら、主要メンバーが復帰することが期待されている。

第1作のサイモン・マクオイドが監督でカムバックし、脚本を手掛けるのはマーベルドラマ「ムーンナイト」(2022)のジェレミー・スレイター。プロデューサーのトッド・ガーナーは、撮影は2023年6月よりオーストラリアのゴールドコーストで行われる。『モータルコンバット2(仮題)』の米国公開日は未定。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly