Menu
(0)

Search

自宅にいたキアヌ・リーブス、『マトリックス』新作のことを電話で聞いて起立してしまった

キアヌ・リーブス
Photo by Nathan Congleton https://www.flickr.com/photos/nathancongleton/32517046162/

キアヌ・リーブスは正直な男だ。

マトリックス』シリーズの最新作『マトリックス レザレクションズ』のアイデアがあることをラナ・ウォシャウスキー監督から初めて告げられた時の反応がこれを物語っている。

Entertainment Weeklyでキアヌは、新作のアイデアについてラナ監督から電話を受け取った時を回顧。その時は自宅にいたという。この電話はキアヌにとってでさえ寝耳に水だったはずだが、あまりにも驚いたのか、自宅にもかかわらず咄嗟にある行動に出てしまったそう。

家にいるのに起立してしまいました。そういうタイプの電話だったので。

ソファでくつろぎでもしていたキアヌが、監督からの電話を受け取ってしゃきっと起立する画を想像するとクスッと笑えてくるが、善人でよく知られるキアヌらしい反応だ。ちなみにキアヌ、『マトリックス レザレクションズ』の本編を観た時には、思わずその場にしばらく座り込んだままだったらしい。

そんな正直なキアヌも、今は冷静さを取り戻しているはず。本作について、このように予告している。「この映画は、ネオとトリニティーのラブストーリーのおかげでとてもディープなものになっています」。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly