Menu
(0)

Search

『マトリックス レザレクションズ』とは別の第4作、ウォシャウスキー不在で「いくつも」企画されていた

マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

世界に革命をもたらした『マトリックス』シリーズが18年ぶりに、『マトリックス レザレクションズ』として蘇った。しかし、『レザレクションズ』のプロデューサーであるジェームズ・マクティーグによれば、『マトリックス』生みの親であるウォシャウスキー監督が不在のまま企画されたバージョンも存在していたという。

『マトリックス レザレクションズ』は、3部作完結後に続編製作を断り続けていたというラナ・ウォシャウスキー監督が、両親の死をきっかけに作り上げた1作。メタ構造が織り込まれたパーソナルな仕上がりが話題にもなっている。

『レザレクションズ』の製作が発表されたのは2019年のこと。ところが、プロデューサーのジェームズ・マクティーグによると、スタジオ内部ではそれ以前より、別の『マトリックス』新作企画が動き出していたそう。マクティーグは米Colliderにこう語っている。

いくつかのバージョンがありました。どれも上手くまとまらなかったんです。その時、ラナ・ウォシャウスキーが“続編に興味があります”と言ってくださったので、制作側も『マトリックス』の生みの親と共にすることを選んだのですよ。

まさに2017年には、ウォシャウスキー監督不在の『マトリックス』リブート企画が報じられていた。恐らく同企画も、マクティーグが言及した“いくつかのバージョン”の1つだろう。このほかどれだけの案が存在していたのかは定かでない。

ウォシャウスキー監督とは、2015年のドラマ「センス8」からの付き合いとなるマクティーグ。普段は、監督としての活動のほうが多い人物だが、2020年からはプロデューサー業にも進出した。そのためか、マクティーグは『マトリックス』の新作がいくつも水面下で進められていたことについて、一定の理解を示してもいるようだ。

「興行を生み出すポテンシャルを持つフランチャイズがあれば、常に(新作の)話し合いは浮上します。マーベル・ユニバースが、『スパイダーマン』や『アイアンマン』、『マイティー・ソー』といった作品を繰り返し作ってきたことと同じです。お金を生み出せて、伝えるべき物語があるものなら、続編の可能性は必ずあります。財政的な側面のみから、こういう話をするべきではないとも思いますけれど。」

ちなみに、『マトリックス』フランチャイズの今後については、製作・配給の米ワーナー・ブラザースCEOのアン・サルノフ氏が、ウォシャウスキー監督の意思次第であることを前提に「全面的に協力します」と語っていた。しかし、『レザレクションズ』公開後、ウォシャウスキー監督は更なる続編の製作について「ノー」と答えている

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly