ワーナー・ブラザース、『マトリックス』リブート計画を始動へ。オリジナル版スタッフの再登板は?

ワーナー・ブラザース社が、映画『マトリックス』シリーズをリブートする計画を始動させているという。米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

『マトリックス』シリーズは1999年公開の第1作に始まり、『マトリックス・リローデッド』『マトリックス・レボリューションズ』(ともに2003年)の全3作が公開された。SFや哲学、テクノロジー、サブカルチャーなどを混淆したウォシャウスキー兄弟(姉妹)による脚本と、“映像革命”とも謳われた斬新な映像表現が人気を集め、特に第1作は高い評価を受けている。インターネットを活用したプロモーションも大きな話題を呼んだ。

現在、『マトリックス』のリブート計画は初期段階にあるといい、その詳細は判明していない
しかしハリウッド・レポーター誌によると、ワーナーは、ルーカスフィルム&ディズニーが『スター・ウォーズ』の“描かれざる物語”を映画化している動きを意識して、『マトリックス』の知られざる物語を描く可能性を検討しているようだ。同社は新たな原案を用意するため、『アベンジャーズ』(2012年)の原案や『インクレディブル・ハルク』(2008年)の脚本を執筆したザック・ペンとの交渉に入っているという。ちなみにワーナーは、新たな主演俳優として『クリード チャンプを継ぐ男』のマイケル・B・ジョーダンに興味を示しているようだ。

オリジナル版のキャスト・スタッフは再登板するか

それにしても気になるのは、『マトリックス』3部作を仕掛けたキャスト・スタッフの再登板だろう。報じられたところによると、ウォシャウスキー姉妹は今のところリブートには関与しておらず、今後製作に携わるかどうかも未定だという。

なおオリジナル版3部作をプロデュースしたジョエル・シルバー氏は、リブート版のアイデアをワーナーと話し合ったようだが、すでにシルバー氏は『マトリックス』3部作の権利をワーナーに売却しているようだ。またシルバー氏には予算管理の問題があり、ウォシャウスキー姉妹との関係も現在良好ではないという。したがってワーナーはリブート版にシルバー氏を迎えることに慎重な構えのようだ。

『マトリックス』3部作に主演したキアヌ・リーヴスは、『ジョン・ウィック:チャプター2』のプロモーションで『マトリックス』続編の可能性を尋ねられると「ウォシャウスキー姉妹は参加しないといけないだろう」と答えていた。ちなみに『ジョン・ウィック チャプター2』ではキアヌとローレンス・フィッシュバーンが再共演しているほか、同作のワールドプレミアにはキャリー=アン・モスも登場していた。しかし、これを『マトリックス』のリブート計画に関する動きとみるのは無理があるだろう。

キアヌ・リーブス『マトリックス4』製作はある?ない?「人は死んでも物語は死なない」

今年(2017年)から考えて2年後の2019年は、『マトリックス』第1作の公開から20周年にあたる。もしも2019年内に『マトリックス』が甦るとしたら、その1年はメモリアル・イヤーとしての盛り上がりも期待できるだろう。今後の動向から目が離せないプロジェクトが、またひとつ増えたことになる。

Source: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/matrix-reboot-works-at-warner-bros-986292
Eyecatch Image: https://thefilmstage.com/news/rumors-swirl-that-wachowskis-plan-return-to-the-matrix/
(C) 1999 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。