Menu
(0)

Search

『マトリックス レザレクションズ』ウォシャウスキー監督、更なる続編の可能性を否定

マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

世紀末に革命をもたらした伝説的SFアクション映画『マトリックス』が現代で蘇った。最新作『マトリックス レザレクションズ』を皮切りに、シリーズの新たな時代は幕を開けるのだろうか。

AP Entertainmentでは、メガホンを取ったラナ・ウォシャウスキー監督がその可能性について言及している。インタビュアーより「この映画は、新トリロジーのパート1になるのでしょうか」と訊かれた監督は、開口一番「何ですって?(What?)」と驚いた様子。前シリーズがトリロジー(3部作)構成だったこともあり、『レザレクションズ』に始まる“新トリロジー”を期待する声もあるだろうが、ラナ監督にその考えは微塵もなかったようだ。

『マトリックス レザレクションズ』のプレミアイベントで行われた取材の現場には、製作陣もいたようで「あそこにプロデューサーがいますよ」とラナ監督。回答を制作サイドに委ねたかと思いきや、「ノーです」とシリーズ継続の可能性を退けた。

そもそも、『レザレクションズ』が製作された発端は、ラナ監督の両親が亡くなったことにある。監督は以前、大切な人の死を乗り越える手段として、『マトリックス』シリーズの主人公であるネオとトリニティーを復活させることを選んだのだと話していた。今回の取材でも、監督は「元々(妹の)リリーも私も、『マトリックス』の新作は作りたくないとずっと言ってきました。それから両親が亡くなり、悲しみを埋める何かが必要になったんです」と製作のきっかけと目的を明らかにしている。

今のところ、ラナ監督は『レザレクションズ』に続く新作を考えているわけではないようだが、制作サイドの米ワーナー・ブラザースは歓迎している模様。2021年10月、同社のアン・サルノフCEOが「ラナが映画を作りたいという姿勢であれば、我々は全面的に協力します」と発言していたのだ。ちなみにこの時、当初『レザレクションズ』がシリーズをリブートするものとして企画されたことも判明していたが、ラナ監督の姿勢から察するに、その見込みは薄いのかもしれない。

Source: AP Entertainment

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly