裕木奈江、現在に続く仕事感 ─ デヴィッド・リンチ監督との出会いと「ツイン・ピークス」出演秘話

女優、裕木奈江。1990年代、ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」で一世を風靡すると、2005年に米ロサンゼルスに移住。2006年には、クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』へ出演。2017年には、カルト的人気を誇る人気ドラマの新シリーズ「ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ(放送時タイトル「ツイン・ピークス The Return」)」に謎の女性、”ナイド”役で出演を果たす。2018年は裕木にとって女優デビュー30周年。亀梨和也主演の連続ドラマ「FINAL CUT」に出演、23年ぶりの民放連続ドラマへの登場で話題を集めるなど、日米を股にかけた活動を続けている。

裕木奈江


日本の芸能活動で積み重ねたキャリアは、ハリウッドでの活動にいかに力を与えたのか。あのデイヴィッド・リンチ監督から直接オファーを受けて出演が決定したという世界的ドラマ「ツイン・ピークス」の裏側は。THE RIVERでは、裕木奈江に特別インタビューを行った。

デイヴィッド・リンチ監督との出会い

「もともと、英語がそんなに喋れるわけでもなかったんです。買い物くらいはできるけれど、ペラペラと意思疎通ができるわけでもなかった。」ロサンゼルスに移住して13年の裕木は、渡米した当初をこう振り返る。「英語の勉強をしながら、エキストラ役のオーディションから受けていました。とにかく現場を見たくて、機会があったら何でも良いから声をかけて欲しいって周りにお願いしていて。」

まさに手探り状態だった。ハリウッドでは、役者の雇用と権利を保護するユニオン(労働組合)の存在が絶対的で、ここへの細かな加入条件を満たさなければ出られない現場が多い。裕木も当時は加入が阻まれていたため、いわゆる”ノンユニオン”の仕事を手当たり次第探していた。

その条件でも得られた機会の中に、デイヴィッド・リンチ監督がプライベートで撮っている企画があったんです。ギャラも出ないかもしれないけど…、と言われたんですが、行きます行きます!と。実際の撮影は、本当に群衆の中にいただけでした。」

こうして、かねてより大ファンだったデイヴィッド・リンチ監督の作品へ出演する機会を手にした裕木は、今でも不思議そうに「凄いですよね。こんなこと起こるんだ、っていうね」と笑いながら、巨匠との出会いを嬉しそうに語ってくれた。

「向こうの人って、役者さんも監督も、付き人に守られてオーラを出しているっていう感じでもなくて、皆さん自然体なんです。これは挨拶してもいいのかな、と思って、プロデューサーさんにデイヴィッドを紹介してもらって。その時はろくに英語もできないながらも、”あなたの大ファンだから、参加できて嬉しかったです”みたいなことを一生懸命話してみたんですね。もう自分で何を話しているかも分かっていないくらいでしたが、多分嬉しくて目がキラキラしていたんだと思います(笑)。
実は監督も、私に日本でキャリアがあることを知らされていたようで、私のことをジーっと見て下さっていて。もう少し一緒に働けるか、というようなことを尋ねられて、”Sure! Sure!(もちろん!もちろん!)”みたいな(笑)。」

「ツイン・ピークス」出演の経緯

実際にデイヴィッド・リンチ監督から連絡が届いたのは、それから1年以上経ってからのことだった。ある日プロデューサーから突然「デイヴィッドが呼んでるんだけど」との電話が入ったのだという。もちろん二つ返事で快諾する裕木のもとに、早速ファックスで台詞が届けられた。

「その頃になると、前よりは(英語が)出来るようにはなっていたけど、それにしたって読みきれないような英語の長台詞が送られてきて。しかも台詞のお相手はテリーさん(テリー・クルーズ)という、とても有名な方でした。こんなに英語喋れないです…って正直に伝えたんです。すると監督は“いや、それ(=流暢に英語が喋れないこと)が面白いから、とにかく台詞を覚えて、一生懸命喋ってくれ”って仰ったんですよ。
で、金髪のウィグとか猿の話とかを延々と喋るっていう、すごく不思議な英語の長台詞に挑戦したんです(笑)。後になって監督がその時のことを覚えていただいていて、『ツイン・ピークス』に出してもらえたんです。」

ツイン・ピークス

© TWIN PEAKS PRODUCTIONS, INC. © 2018 Showtime Networks Inc.SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc.,A CBS Company. All Rights Reserved.

裕木が演じたのは、主演カイル・マクラクラン演じるデイル・クーパーとの共演もある謎の女性“ナイド”役。瞼(まぶた)を縫い閉じられたミステリアスな容姿で、現実世界に戻るクーパーを導くという役どころ。かねてより憧れだった「ツイン・ピークス」に出演することになった裕木だが、彼女の思考は緊張やプレッシャーとは全く別の場所にあった。

“その仕事を断る”という選択肢が、俳優としてありえない場合もある。例えば、大河ドラマの大役の仕事が来たとしたら、断るという選択肢はないわけですよ、スケジュールさえ問題がなければ。自分がやりたいか、とか、自分の器に合っているか、とかは関係ない。役者である自分の役割として果たすべきようなものなんだと思います。『ツイン・ピークス』の場合も、やりたかった役なので、嬉しさが勝りました。”この世界の住人になれるんだ!”ってノリノリでしたよ(笑)。」

撮影ウラ話

ミステリアスな作風で知られるデイヴィッド・リンチ監督作品だが、筆者が以前カイル・マクラクランに取材を行った際、こんなことを仰っていた。「デイヴィッドと仕事を初めて間もないころは、主にキャラクターやストーリーについて、よく質問をしていましたよ。デイヴィッドはいつも曖昧な答えをして、質問のたびに少し不機嫌そうにしていました(笑)。歳を重ねてからは、私も学んできたので質問も少なくなっていきました。今では一切質問しません(笑)。」

裕木の演じたナイドは、役そのものが謎と神秘に満ちた存在だ。このキャラクターの真意について、裕木はやはりデイヴィッド監督に尋ねていた。すると監督は「他では言わないでね」という条件付きで教えてくれたという。「だからお話できないんです(笑)。」

ちなみに、撮影が終わって裕木が監督のオフィスを尋ねた際、普段着姿のカイルがコーヒーを片手に監督と談笑していたそう。カイルが席を外したタイミングで監督に直接尋ねたということだ。

つまり、撮影時は役について詳細を知らぬまま演じていたということになる。「撮影前は、役について何の説明もなく、台本にある情報が全てでした」という。実際の撮影はどのように行われたのだろうか。

「現場で監督が”こういう動きをして”と、手を取って的確に指示してもらうんです。”何かが見えていて、触れるような感じで”、”このタイミングでは、何かある、と気付いているくらいだけど、まず(クーパーの)手に触れて、顔まで触ってクーパーに気付く”というように、細かく指示を受けていました。」

『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』

TWIN PEAKS: © TWIN PEAKS PRODUCTIONS, INC. © 2018 Showtime Networks Inc.SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc.,A CBS Company. All Rights Reserved.

憧れのカイル・マクラクランと共演した印象を聞くと、「見えなかったです」と笑った。

あのメイクには3時間かかるんです。メイクのトレーラーに入ると、監督と『ブルーベルベッド』(1986)当時から仕事を共にされているスタッフの方たちもいるんですよ。カイルさんやローラ・ダーンさんにとっては、昔なじみのチームなわけですね。私はそうじゃなくて、ただのファンみたいな感じだったので(笑)。

ある日、メイクですっかり目も見えなくなったころに、私の左側にローラ・ダーンさん、右側にカイル・マクラクランさんがいるとう状況になったんですよ。頭の中でブルー・ベルベッドが流れて、私はイザベラ!って、1人で盛り上がってました(笑)。」

見えない恐怖を乗り越えて

憧れの面々に囲まれても、瞼を縫い閉じられた特殊メイクのため、その夢の光景を見られない状態だった裕木。これには意外な困難が付きまとった。

「オファーを貰った時に、閉所恐怖症と診断されたことはないか、精神的な不安に陥るようなことはないか、などの確認があって、同意した上で(出演の)サインをするんです。演じてみて、正しい手順だと思いました。やはり、10時間以上何も見えなくなるのはこんなにプレッシャーになるんだなって。

1日目はハイになっているから大丈夫だったんですよ。でも、2日目、3日目と続いていくと、身体が嫌がるんですね。心はウキウキしてるんですよ、”今日も私は『ツイン・ピークス』の現場にいられるんだ”、って。現場に行く度にセットが出来上がっていって、他のセットも見られますしね。”これはどこのセットだろう?こんなのが出てくるんだ!”っていうのがいち早く見られて。お馴染みの赤いカーテンの部屋も見られたり。
気持ちは毎日ウキウキしていたんですけど、やっぱり身体がメイクを拒絶するんです。また視界が塞がれてしまう、って思うと、ちょっと息苦しくなるんですね。」

視界を塞がれたメイクの状態で、最長で14時間も過ごした。「何が辛いって、寝れないことでしたね。ちょっとでもウトってしちゃうと、目覚めた瞬間が恐いんですよ。何が起こっているのか分からないから」と振り返る。

「それから別の意味で恐いのは、寝てしまって目をこすってしまったらメイクがやり直しになっちゃう。シリコンを貼っての特殊メイクなのですが、私の型を取って作っていたものなので、数に限りがあるんですね。だから、もしも寝ぼけて顔をこすっちゃったらどうしようと思うと、眠るわけにもいかないし…。息が苦しくなるように感じることが何回かありましたね。」

『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』

TWIN PEAKS: © TWIN PEAKS PRODUCTIONS, INC. © 2018 Showtime Networks Inc.SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc.,A CBS Company. All Rights Reserved.

こうした体調の変化を、裕木は女優魂で乗り越えた。

「腹式呼吸は体得しているので、いつも舞台の出番前にするように呼吸を整えていました。現実のことは考えないで、役のことだけを考えるんです。舞台では、お客さんがいると思うからアガるわけですよね。そうじゃなくて、私は舞台の上で役を演じきるだけなんだというマインドセットに持っていく。それと一緒で、私は”見えない”んじゃなくて、この状態がデフォルトの役を演じるだけなんだ、と自分に言い聞かせていました。」

 

「決めない」ということ

2018年には、23年ぶりに日本の民放連続ドラマ「FINAL CUT」に出演した。「ツイン・ピークス」や『硫黄島からの手紙』など、海外での経験を積んでの凱旋出演となったが、日米の制作現場に違いは感じたか。

「撮影を進めていく段取りという意味では、びっくりするくらい一緒なんですよ。でも、日本では全ての言葉がわかりますからね。『FINAL CUT』は関テレさんだったんですが、関西弁ももちろん理解できるじゃないですか。これがロサンゼルスになると、色々な訛りがあるので、同じ英語でもこんなに聞き取れないんだということがある。難しいですよね。
でも、現場で扱う英語って、そこまで難しくないんですよ。台本を読んでる段階では辞書も使えますし。だから、仕事をしている分にはそう困らないんです。日常生活の中の無駄話の方が難しいですね。話が予期しない方向にどんどん流れていってしまいますから。」

渡米13年目となる裕木だが、当初はハリウッドでの力試しに不安は無かったのか。そう尋ねると、驚くほどサラリと答える。

日本での20年近いキャリアがあるので、たとえアメリカでも、焦ったりパニックになっちゃったり、落ち込んだりしないんですね。人前に出る経験や、台詞を覚えて人前で喋るという経験があるので、何かを喋ることに対して焦らない、というように訓練されている。場所がアメリカになっただけなんです。
それよりも、(台詞や演技を)覚えて、ちゃんと表現できるか、ということに集中すれば良い。私が提供した演技を監督がどう扱うかかは、彼らの仕事です。彼らがGOにしたものは、私が商品として売ったものですから、使われるにしてもカットされるにしても、私が何か言えるものでもないんですね。そういう思考回路が出来上がっているので、大丈夫でした。アメリカだから、日本だから、っていう感覚はありません。」

この颯爽とした姿勢は、独自の仕事感によって支えられているようだ。女優・裕木奈江の行動指針、それは「決めないこと」だという。

「やっぱり、貰う仕事ですし、自分で決められることが少ない仕事だと思うんですね。メイクも衣装も台詞も、誰かが決めたもの。その上、監督の指示に従う必要がある。
だから、私の仕事はUBERのようなものだと思ってるんですよ。普段は自分の身体を自分で使っているわけですが、役者の商いはUBERの商いのようなもので(笑)。この声が出て、こういう動きができて、という身体を貸し出している感じ。役者として存在している間は、自分でジャッジをしないことです。
キャリアの中で、共感できない役を頂くこともあるわけですが、それは関係ないんですよ。UBERがどんなお客さんでも乗せるのと同じ。乗車拒否はできないということです。」

最後に今後の目標について聞くと、「これも、自分では決めていなくって」と飄々。「スケジュールと仕事の内容さえ合えば、どこにでも行きます。」

ツイン・ピークス

© TWIN PEAKS PRODUCTIONS, INC. © 2018 Showtime Networks Inc.SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc.,A CBS Company. All Rights Reserved.

『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』は、2018年7月4日(水)発売。DVDレンタル同時スタート。

Blu-ray:『<数量限定生産>ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ Blu-ray BOX』19,800(税抜)
DVD:『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ DVD-BOX』12,800(税抜)

発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
TWIN PEAKS: © TWIN PEAKS PRODUCTIONS, INC. © 2018 Showtime Networks Inc.SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime Networks Inc.,A CBS Company. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。