Menu
(0)

Search

Netflix8月配信まとめ ─ ジェイソン・モモアの復讐スリラー『スイートガール』、『TENET』主演俳優のスリラー『ベケット』など

『スイートガール』
Netflix映画『スイートガール』は2021年8月20日独占配信開始

2021年8月のNetflix配信作品は、映画・ドラマ・アニメいずれのフォーマットにおいても注目の新作が目白押しだ。『アクアマン』シリーズのジェイソン・モモアが主演を務める復讐スリラー『スイートガール』や『TENET テネット』(2020)ジョン・デヴィッド・ワシントン主演のスリラー『ベケット』など、豊富な映画作品がラインナップ。アニメ作品からは、ヘンリー・カヴィルが主演のSFファンタジー「ウィッチャー」の前日譚『ウィッチャー 狼の悪夢』や、『ハミルトン』(2020)の制作陣が贈るミュージカルアニメ『ビーボ』などが話題だ。

本記事では上述の作品のほか、8月配信のNetflix作品をピックアップしてご紹介する。

「パリスとお料理」8月4日

元祖お騒がせセレブこと、パリス・ヒルトンがセレブの友人を招いて料理に挑戦するリアリティ番組。

今作は、パリスが繰り広げるハチャメチャなお料理番組。パリスは料理のプロではないけれど、素人の自分に満足。物議を醸したパリスのYouTube動画から着想を得た本シリーズでは、パリスがセレブ界の友人たちと、新しい材料やレシピ、一風変わったキッチン器具などを駆使して料理に挑戦する。パリス自ら食料を調達し、完成したお料理でゲストをおもてなし。彼女は料理の腕を上げていくのか……? 乞うご期待。

パリスは製作を兼任。ほか製作総指揮に、エミー賞受賞プロデューサーのイーライ・ホルツマンや、『オデッサ作戦』(2018)のアーロン・セイドマンらも名を連ねている。どんなゲストが登場するのかにも注目だ。全6話構成。

『ビーボ』8月6日

ブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』(2008)や、脚本・作詞・作曲・主演を務めたミュージカル『ハミルトン』(2015)でトニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞しているリン=マニュエル・ミランダが手がけるNetflix&ソニー・ピクチャーズ アニメーション共同制作アニメ。

個性的なアライグマ科の動物キンカジューであるビーボは、大好きな飼い主アンドレスと、人々でにぎわう広場で音楽を演奏して暮らしていた。言葉は通じなくても、ビーボとアンドレスは愛する音楽でつながっている最高のコンビだ。そんなある日、アンドレスは有名な歌手マルタ・サンドバルから、さよならコンサートへ招待するという手紙を受け取る。

アンドレスにとって、マルタはかつてのパートナーであり、彼女は再会を望んでいる様子。しかし、手紙を受け取った直後にアンドレスに悲劇が起こり、何年も前にアンドレスが歌としてしたためながらも伝えることができなかったマルタへのラブソングを、彼女に届けられるかどうかはビーボ次第となってしまう。遠く離れたマルタのところへたどり着き、飼い主の願いを叶えるには、オフビートのドラムが得意な元気いっぱいの少女ギャビーの協力が必要になり……。

『ビーボ』
Netflix映画『ビーボ』は2021年8月6日独占配信。
『ビーボ』
Netflix映画『ビーボ』は2021年8月6日独占配信。

声優として、ギャビーの母親ローサ役として『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどのゾーイ・サルダナ、意地悪なニシキヘビのルタドール役として、同じく『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のマイケル・ルーカー、薄幸な2羽のヘラサギ役としてそれぞれ、「アトランタ」(2016-)『ゴジラvsコング』(2021)のブライアン・タイリー・ヘンリーと「パーフェクト・スイーツ」(2018-)のニコール・バイヤーが出演する。

監督は『クルードさんちのはじめての冒険』(2013)でアカデミー賞にノミネートされたカーク・デミッコ、脚本は『イン・ザ・ハイツ』のキアラ・アレグリア・ヒューズが務める。ミランダとともに本作の作曲と音楽の製作総指揮には、『グレイテスト・ショーマン』(2017)のアレックス・ラカモワが就任している。

『キスから始まるものがたり3』8月11日

Netflixのロマコメ作品の火付け役となった映画シリーズの3部作完結編。

大学進学前の最後の夏休み、エルは人生最大の決断に直面していた。東海岸に引っ越して理想の恋人ノアと同じ大学へ行くか、それとも子どもの頃からの約束どおり、大親友のリーと同じ大学に行くか。どっちを選んでも誰かが傷つくのを知りながら、エルが選んだ道とは……?

エル役を演じてきたのは、ブラット・ピット主演、伊坂幸太郎の『マリアビートル』をハリウッド映画化する『Bullet Train(原題)』への出演を控えるジョーイ・キング。ほか共演に、リー役で『SUPER8/スーパーエイト』(2011)のジョエル・コートニー 、ノア役に「ユーフォリア/EUPHORIA」(2019-)ネイト役でも知られるジェイコブ・エロルディ、ミセス・フリン役に『ブレックファスト・クラブ』(1985)や「リバーデイル」(2017-)などのモリー・リングウォルドが名を連ねている。監督は前2作から続投でヴィンス・マーセロが担当した。

キスから始まるものがたり3
Netflix映画『キスから始まるものがたり3』は2021年8月11日独占配信。
キスから始まるものがたり3
Netflix映画『キスから始まるものがたり3』は2021年8月11日独占配信

「リバーデイル」シーズン5 新着エピソード 8月12日

人気青春ミステリー「リバーデイル」シーズン5の後半戦。

本シリーズは架空の街リバーデイルを舞台に、男子高校生の死亡事件を境に続出する不可解な凶悪事件に男女の高校生たちが挑んでいく姿を描いた作品。シーズン5では、7年後のリバーデイルで再び起こる怪奇に、アーチーらが挑んでいく。

出演者には、主人公アーチー役でパンデミック・スリラー映画『Songbird(原題)』(2021年公開)主演のK・J・アパ、ベティ役で『ハスラーズ』(2019)リリ・ラインハート、ジャグヘッド役で「スイートライフ」シリーズのコール・スプラウス、ヴェロニカ役で『パーム・スプリングス』(2020)のカミラ・メンデスらが名を連ねている。8月12日、8月19日、8月26日と毎週新着エピソードが配信されていく。

リバーデイル
Netflixオリジナルシリーズ「リバーデイル」 1月21日(木) 独占配信開始 © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『ベケット』8月13日

『TENET テネット』(2020)で主演を務めたジョン・デヴィッド・ワシントンの新作スリラー映画。

休暇でギリシャを訪れていたアメリカ人旅行者のベケット(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、悲惨な事故にあった後、その身を追われることになってしまう。必死に逃げ出した彼は汚名を晴らすため、国のはるか向こうにある米国大使館にたどり着かなければならない。警察と行政当局が迫り、政治的騒乱が起こる中で、状況はさらに危機的に。ベケットは危険で複雑な陰謀の深みに、ますますはまり込んでいき……。

主演は、『TENET テネット』のほか、『ブラック・クランズマン』(2018)や『マルコム&マリー』(2021)などで知られる注目俳優ジョン・デヴィッド・ワシントン。共演に、アリシア・ヴィキャンデル、『LOGAN/ローガン』(2017)のボイド・ホルブルック、『ファントム・スレッド』(2017)ヴィッキー・クリープス、『インモラルーム』(2018)ダフネ・アレクサンダー、『ビフォア・ミッドナイト』(2013)パノス・コロニスらが参加している。

ベケット
Netflix映画『ベケット』は2021年8月13日独占配信開始
ベケット
Netflix映画『ベケット』は2021年8月13日独占配信開始

原案・監督を務めるのは、イタリア出身の気鋭監督フェルディナンド・シト・フィロマリーノ。ルカ・グァダニーノ監督のリメイク版『サスペリア』(2018)『君の名前で僕を呼んで』(2017)でセカンドユニット・ディレクターを務めた。グァダニーノ監督も製作として名を連ねている。ロカルノ国際映画祭映画祭の公式招待作品として出品されており、2021年8月4日に同映画祭で初お披露目を迎える予定。

『スイートガール』8月20日

『アクアマン』(2018)のジェイソン・モモアが主演・プロデューサーを務めるNetflix製作の復讐スリラー映画。

本作でモモアが演じるのは、妻を殺害され、悪人たちに正義の鉄槌を下すことを誓った男・クーパー。唯一残された家族である娘を守りながら、クーパーは復讐に打って出ることになる。

監督を務めるのは、モモア主演のNetflixドラマ「フロンティア」(2016-)や、同じくモモアの主演映画『ワイルド・ブレイブ』(2017)でプロデューサーを担当してきたブライアン・アンドリュー・メンドーザ。長編映画を監督するのは本作が初めてとなる。脚本は『ザ・ブック・オブ・ヘンリー』(2017)のグレッグ・ハーウィッツ、『イベント・ホライゾン』(1997)『ミュータント・クロニクルズ』(2008)のフィリップ・アイズナーが執筆し、ドラマ「ザ・シューター」(2016-2018)のウィル・ステイプルズが改稿にあたった。

『スイートガール』
Netflix映画『スイートガール』は2021年8月20日独占配信開始

「ザ・チェア ~私は学科長~」8月20日

「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」(2005-)「キリング・イヴ/Killing Eve」(2018-)などで知られるサンドラ・オーが主演・製作総指揮のコメディシリーズ。

主人公は、名門ペンブローク大学で英語学科長に新しく就任したジユン・キム博士(サンドラ・オー)。ジユンは学科初の女性教授として、そして大学で少数派の非白人職員の一員として、様々な壁に直面することになる。

キャストには、オーをはじめ、『ハッピーニート おちこぼれ兄弟の小さな奇跡』(2011)のジェイ・デュプラス、『キューティ・ブロンド』(2001)のホランド・テイラー、『ムーンライズキングダム』(2012)のボブ・バラバン、『グリーンマイル』(1999)のデヴィッド・モースらが名を連ねる。脚本・ショーランナー・製作総指揮を「ダーティ・ジョン -秘密と嘘-」(2018-2019)のアマンダ・ピートが兼任し、ピートと共に「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のデヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイスが製作総指揮に就任している。各30分、全6話構成。

「ザ・チェア ~私は学科長~」
Netflixオリジナルシリーズ「ザ・チェア ~私は学科長~」は2021年8月20日独占配信
「ザ・チェア ~私は学科長~」
Netflixオリジナルシリーズ「ザ・チェア ~私は学科長~」は2021年8月20日独占配信

『ウィッチャー 狼の悪夢』8月23日

ヘンリー・カヴィル主演のSFファンタジー「ウィッチャー」の起源を描いたアニメ映画。

主人公は、カヴィル演じるゲラルトが後に師と仰ぐことになるヴェセミル。ゲラルトが誕生する前、向こう見ずな若きウィッチャーだった彼は、怪物退治を引き受けて金を稼ぎ、貧しい生活を抜け出していた。しかし、奇妙な新種の怪物が現れ、政治的緊張が続く王国で襲撃を繰り返すようになる。ヴェセミルは危険な討伐の旅に出ることを命じられ、そして自身の過去の魔物と対峙することに……。

ドラマ版の脚本・製作総指揮のローレン・シュミットと、脚本・共同プロデューサーのボウ・デ・マヨが続投。製作は韓国のアニメーション制作会社Studio Mirが担当する。同社はNetflix配信のアニメ「ヴォルトロン」(2016-2018)「キポとワンダービーストの冒険」(2020)を米ドリームワークスと共同製作している。

『ウィッチャー 狼の悪夢』
Netflix映画『ウィッチャー 狼の悪夢』は2021年8月23日独占配信
『ウィッチャー 狼の悪夢』
Netflix映画『ウィッチャー 狼の悪夢』は2021年8月23日独占配信

『ヒーズ・オール・ザット』8月27日

レイチェル・リー・クックやポール・ウォーカーらが出演したティーン向け映画の名作『シーズ・オール・ザット』を新たに映像化したリメイク作品。

『ヒーズ・オール・ザット』
Netflix映画『ヒーズ・オール・ザット』は2021年8月27日独占配信

1999年に公開され、ティーンを中心に予想外のヒットを叩き出したラブコメ映画『シーズ・オール・ザット』を現代風にアレンジした本作では、インフルエンサーの少女が学校いち冴えない男子生徒をプロムキングに変身させるべく奮闘する姿が描かれる。

監督を務めるのは、『フォーチュン・クッキー』(2003)『ミーン・ガールズ』(2004)などのマーク・ウォーターズ。脚本はオリジナル版『シーズ・オール・ザット』を手がけたR・リー・フレミング・ジュニアが続投する。キャストには、主人公のインフルエンサー役にTikTokで一躍有名となったアディソン・レイ、「コブラ会」(2018-)のタナー・ブキャナン、『ゲーム・プラン』(2007)のマディソン・ペティス、『ガール・ミーツ・ワールド』(2014)のペイトン・マイヤーら。オリジナル版からレイチェル・リー・クックとマシュー・リラードも出演する。

『ヒーズ・オール・ザット』
Netflix映画『ヒーズ・オール・ザット』は2021年8月27日独占配信
あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly