【Netflix】『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』新作は2018年以降。『エージェント・カーター』は受け入れない!

Netflixは先日の「サンディエゴ・コミコン」で、マーベルとの共同製作によるドラマシリーズの新展開を発表している。

2016年の『ルーク・ケイジ』、2017年の『アイアン・フィスト』と『ディフェンダーズ』、時期未定の『パニッシャー』と『デアデビル』シーズン3、『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン2。時間がいくらあっても足りないほどのラインナップだが、このたびNetflixは現状の製作スケジュールを明かしている。

マーベル×Netflixが超加速!『デアデビル』シーズン3決定、『ルーク・ケイジ』『アイアン・フィスト』最新映像、全員集合『ディフェンダーズ』も!

『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』は2018年以降

Netflixのコンテンツ部門最高責任者を務めるテッド・サランドス氏は「将来的には、Netflixのマーベル・ドラマを毎年5本ほど観られるようになるのでしょうか?」という質問に対して「その速度で製作した場合のクオリティが気がかり」と答えている。もちろんNetflixは製作のインターバルを削ることで製作のペースを早める方針だ。

またサランドス氏は、『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン2と『デアデビル』シーズン3は『ディフェンダーズ』以降の製作予定だと明かしている。一連のシリーズに出演する俳優陣が『ディフェンダーズ』に参加するため、他シリーズの製作スケジュールにも変更が出ているようだ。

米国テレビ批評家協会の情報によると、『デアデビル』や『ジェシカ・ジョーンズ』、『パニッシャー』のスピンオフ作品は2018年以降に配信される計画だという。

http://moviepilot.com/posts/3661997

http://moviepilot.com/posts/3661997

『エージェント・カーター』の引き継ぎは「難しい」

またサランドス氏は、Netflixが『エージェント・カーター』を引き継ぐ可能性を否定している。

『エージェント・カーター』は、映画『キャプテン・アメリカ』シリーズに登場したペギー・カーターを主人公としたスピンオフ・ドラマだ。米国ABC局が製作・放送していたが、低視聴率を理由にシーズン2での打ち切りが決定。マーベル・シネマティック・ユニバース作品のひとつだったため、ファンは「Netflixがシリーズを引き継いでくれないか」という期待を寄せていた。

『エージェント・カーター』 http://www.forbes.com/sites/merrillbarr/2015/05/07/agent-carter-season-2-renewed-cancelled/

『エージェント・カーター』
http://www.forbes.com/sites/merrillbarr/2015/05/07/agent-carter-season-2-renewed-cancelled/

『エージェント・カーター』をNetflixが引き継がないことについて、サランドス氏は「我々は真にオリジナルのブランドを探しており、すでにマーベルのオリジナル作品は存在する。これが主な理由だ」と話している。

また、Netflixはオリジナル作品を全世界で同時に配信することが特徴だ。この点でも『エージェント・カーター』が複雑で、一部のテレビ局は現在も『エージェント・カーター』をオンエアしているという。テレビ局はマーベルとの国際的契約に則って作品を放送しているため、Netflixが世界的に『エージェント・カーター』を引き受けることは難しいようだ。サランドス氏は「ビジネス上の決断」と説明している。

source:
http://www.ew.com/article/2016/07/27/netflix-agent-carter
http://www.comicbookmovie.com/daredevil/netflix-hopes-to-make-marvel-shows-faster-but-dont-expect-daredevil-and-a143974

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。