「ピエロを信じるな」独バーガーキングが映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』をジャック、マクドナルドけん制

「ピエロを信じるな」──ドイツのバーガー・キングが、映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(原題:IT)』の試写をジャックし、映画のエンディングにメッセージ映像を挿入した。

バーガー・キングは、マクドナルドの世界統一のキャッチフレーズ「I’m lovin’ it」にかけ、「BK loving “IT” 」というタイトルの動画を公開。#ピエロを信じるな(#nevertrustaclown)のハッシュタグと共に、2017年9月27日に行われた同映画の試写会場の様子を伝えている。

動画では、全米興行収入がホラー映画史上最高記録を更新した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の恐怖映像にビビりまくる観客の様子を紹介。すると、エンディングにて突然「ピエロを信じるな」とのスポット・メッセージが映し出される。何のことだかわからない様子の観客だが、続いてバーガー・キングのロゴが映し出されると、主旨を理解した劇場内では爆笑が巻き起こっている。

言うまでもなく、「ピエロを信じるな」はライバルであるマクドナルドを挑発するメッセージだ。ちなみにバーガーキングと『『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』と言えば、登場するペニーワイズがドナルド・マクドナルドに似ているからという理由でロシアではバーガーキングが国内上映中止を求めていた。

ロシアのバーガーキング、『IT/イット』上映中止を国に求める ― 理由は「マクドナルドのヤツに似てるから」

ハンバーガー・チェーン業界をも巻き込んで話題の映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、全世界で既に約5億7,600万ドル超えを記録し、2017年を代表する大ヒット作となっている。日本での公開は2017年11月3日。それにしてもこのユーモア、見習いたいものである。

 

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。