Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・フォー』子供向け作品として再リブートの可能性 ─ 既に脚本執筆中との噂も

ファンタスティック・フォー

2015年にもリブート版映画が公開され、事実上の失敗に終わった20世紀フォックスによるマーベル原作映画『ファンタスティック・フォー』に、少々趣を変えた形での再リブートの噂が浮上した。
マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏による「ファンタスティック・フォーの(マーベル・シネマティック・ユニバース登場の)予定は今のところない」との発言報道が動揺を生んでからわずか数日、アメコミ史上初のヒーロー・チームに新情報が飛び出した。

最も、本情報は『噂』のレベルに留まる。伝えたのは、Bleeding Coolの編集長Rich Johnston氏。「信頼できる筋からの情報を得た」同記事によれば、ファンタスティック・フォーがコミック” Ultimate Fantastic Four”を下敷きとした新しい作品として蘇るのだという。今回は、ミスター・ファンタスティック / リード・リチャーズとインヴィジブル・ウーマン / スーザン・ストームらの子供、フランクリン・リチャーズとヴァレリア・リチャーズを主役とした子供向けの内容で、おなじみのザ・シング / ベン・ジェイコブ・グリムとヒューマン・トーチ / ジョニー・ストームも登場するということだ。

ディズニー / ピクサーの『ミスター・インクレディブル』(2004)と内容が重複しそうではあるが、同記事によれば既にセス・グレアム=スミスによって脚本執筆が進められているという。ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の『ダーク・シャドウ』(2012)で映画脚本デビューを果たしたセス・グレアムは『リンカーン/秘密の書』(2012)『傲慢と偏見とゾンビ』(2016)の原作小説の執筆で知られ、2015年のジョシュ・トランク監督の『ファンタスティック・フォー』の脚本リライトも手がけている。

あくまでも『噂』としての情報ではあるが、これが事実であればソニー・ピクチャーズの『スパイダーマン』同様、20世紀フォックスにとっては”再リブート”企画ということになる。これまで子供向けとして振り切ったマーベル映画作品は(マーベル原作であることを表向きにしなかったディズニー映画『ベイマックス』を除き)皆無であり、新たな方向性として理にかなっているようにも思われるが…。

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”ファンタスティック・フォー” sort=”latest_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”ファンタスティック・フォー” custom_url=”https://theriver.jp/tag/ファンタスティック・フォー/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

Source:https://www.bleedingcool.com/2017/06/20/new-fantastic-four-movie-fox-kids-rumours/#comment-anchor
http://comicbook.com/marvel/2017/06/20/fantastic-four-movie-reboot/
Eyecatch Image:https://www.amazon.co.jp/dp/B01D17EJWI/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_0lEszb398QDKE 

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly