ドラマ『エージェント・オブ・シールド』の新ゴーストライダー、写真&スマホ風予告が解禁!キーワードは「科学」?

マーベル・ドラマ『エージェント・オブ・シールド』シーズン4への登場が発表されていた、新たなゴーストライダーの写真と予告映像が到着した。同キャラクターが映像化されるのはニコラス・ケイジ主演の映画版『ゴーストライダー2』(2013年)以来となる。事実上のキャラクター・リブートで、ついにマーベル・シネマティック・ユニバースに参戦だ。

車を燃やす新ゴーストライダー

すでに報じられている通り、『エージェント・オブ・シールド』シーズン4に登場するゴーストライダーは、コミックでは4代目のロビー・レイエス。ニューヨークの若い整備工で、ニコラス・ケイジ版との差別化を強く打ち出すためか、バイクではなく車を炎上させるのが特徴のキャラクターとなりそうだ。演じるのはドラマ『トゥルー・ディテクティブ』などのガブリエル・ルナだ。

これが新ゴーストライダー、ロビー・レイエスだ! (ABC/Jennifer Clasen) http://www.ew.com/article/2016/09/04/agents-shield-ghost-rider

これが新ゴーストライダー、ロビー・レイエスだ! (ABC/Jennifer Clasen)
http://www.ew.com/article/2016/09/04/agents-shield-ghost-rider

またマーベルとABCテレビは新ゴーストライダーの予告映像を公開。スマホで撮影されたような仕上がりの映像には、炎の中を走り去っていく一台の車と、興奮した撮影者の声が収められている。

『エージェント・オブ・シールド』で製作総指揮を務めるジェド・ウェドン氏は、エンターテイメント・ウィークリー誌にゴーストライダーの新構想を語った。

「私たちはいつも通りキャラクターにひねりを加えるつもりなんだ。コミックで本当に重要な部分には忠実だよ、ロビー・レイエスと家族のやり取りとか、彼のイースト・ロサンゼルスの子どもっぽい部分とかね」

一方で、同じく製作総指揮を務めるモーリサ・タンチャローエン氏は「レイエスと燃える骸骨を科学的に研究するつもりです」とコメント。ウェドン氏も「今年はドクター・ストレンジも現れて、私たちはいよいよ不可解な世界に入っていく。『マイティ・ソー』でいう“魔法とはまだ解明されていない科学”だよ。とても、とても空想的な科学さ」と話している。

ドクター・ストレンジがMCUに大きな影響を与える可能性はTHE RIVERでもたびたび取り上げてきたが、もしかすると問題はドクター・ストレンジ本人ではなく「不可解な現象」と「科学」との対立にあるのだろうか? たしかにゴーストライダーという存在は科学で説明できないキャラクターのひとりだが……。

映画『ドクター・ストレンジ』がマーベル映画にマルチバース(並行世界)の概念を切り開く?

なお『エージェント・オブ・シールド』シーズン4の第1話は、タイトルが「The Ghost」となる模様。おそらく新ゴーストライダーはシーズン4の開始とともに登場することになりそうだ。同作の日本での放送予定は現在不明だが、キャラクターの全貌が明らかになるまではもう少し。期待して待とう!

【続報】ゴーストライダー、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』に登場決定!ポスター&予告が公開に

source: http://www.ew.com/article/2016/09/04/agents-shield-ghost-rider
http://comicbook.com/2016/09/04/agents-of-s-h-i-e-l-d-found-footage-of-ghost-rider-released/
http://www.spoilertv.com/2016/09/agents-of-shield-episode-401-title.html

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。