X-MENスピンオフ映画『ニュー・ミュータンツ』再撮影で登場人物を追加へ ― 大幅な再構築の可能性が浮上

映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品、2019年公開『ニュー・ミュータンツ(原題:New Mutants)』の再撮影が、想像以上に大規模なものとなる可能性が浮上してきた。

本作は5人のティーンエイジャーが精神病棟にて次々に怪異と遭遇していくストーリー。シリーズ初のホラー映画テイストが特徴で、ジョシュ・ブーン監督いわく「自分たちがX-MENであることに気を払えない」若きミュータントたちを描いた「現実的かつ落ち着いた作品」を目指しているという。

10ヶ月の公開延期、再撮影で登場人物を追加

もともと、本作『ニュー・ミュータンツ』は2018年4月13日に米国公開される予定だった。『デッドプール2(仮題)』や『X-MEN: ダーク・フェニックス(原題:X-Men: Dark Phoenix)』という話題作が登場する2018年に、その切込隊長としての役割を担う予定だったのだ。
ところが2018年1月、米20世紀フォックスは本作の米国公開を約10ヶ月延期することを発表。新たな米国公開日は2019年2月22日に設定され、この大幅なスケジュール変更は映画ファンの間でさまざまな話題を呼んだ。

The Hollywood Reporter誌によれば、『ニュー・ミュータンツ』の再撮影(追加撮影)は2018年夏に実施される予定だという。そこでは新たな登場人物がストーリーに追加されるということで、脚本の再執筆、あるいは作品の再構築が行われている可能性が高まっている状況だ。脇役ならばまだしも、重要なキャラクターがここにきて加わるとも考えられるのである。

本作の公開延期が発表された際には、複数のメディアによって、本作が『X-MEN』シリーズ初のホラー映画にもかかわらず「怖くなかった」ことがその真の理由ではないかと伝えられている。20世紀フォックス側が、昨今のホラー映画ブームを受けてホラー要素や恐怖演出の追加を求めたというのだ。しかし登場人物の追加は、もはや「ホラー要素」というレベルの処理ではないように思われるが……。

 

ちなみに出演者のメイジー・ウィリアムズは、「今後大規模な再撮影が行われるのではないか」という噂について「ただの噂だと思います」と以前コメントしている。彼女は本作のアフレコ作業に参加したことを明かした上で、「公開が楽しみです」と述べて、再撮影については言及しなかった。この発言が真実かどうか、今は誰にもわからない。

映画『ニュー・ミュータンツ』は2019年2月22日に米国公開予定

Source: https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/will-disney-disrupt-foxs-x-men-movie-mega-plans-1088623
https://screenrant.com/new-mutants-reshoots-maisie-williams/
Eyecatch Image: Photo by JD Hancock https://www.flickr.com/photos/jdhancock/3500203823

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。