Menu
(0)

Search

幻のニコラス・ケイジ版『スーパーマン』、ケヴィン・スミスがカートゥーン化を熱望!

『クラークス』や『チェイシング・エイミー』の監督をしたことで知られるコメディ映画監督のケヴィン・スミスですが、実はコミックのライター活動もしており、グリーンアローやデアデビル、バットマンとグリーンホーネットのクロスオーバーコミックを手がけてもいます。そんなケヴィン・スミスはお蔵入りとなった幻のニコラス・ケイジがスーパーマンを演じるティム・バートン監督作品の脚本を執筆しており、それをスーパーマンのカートゥーン作品に採用されることを望んでいると明らかにしました。

ケヴィン・スミスの描いたニコラス・ケイジ版スーパーマンは『バットマンvスーパーマン』と同じく、スーパーマンの死を描いたもの。こちらでもドゥームズデイに殺害されるというストーリーは同じですが、それを送り込んだのはレックス・ルーサーではなく星をボトルに入れてコレクションする狂気の生命体ブレイニアックによるものとなっていたようです。

http://www.blastr.com/2015-7-8/watch-first-10-minutes-new-death-superman-lives-documentary-right-now
http://www.blastr.com/2015-7-8/watch-first-10-minutes-new-death-superman-lives-documentary-right-now

ケヴィン・スミスは、これがカートゥーン化されれば素晴らしいものができると語っており、キャストもスーパーマンにはニコラス・ケイジ、そしてレックス・ルーサーにはマイケル・ルーカーにやってもらいたいと語っています。もちろんあくまでケヴィン・スミスの要望に過ぎず、判断はワーナー・ブラザーズに委ねられています。しかし、スーパーマンが主役のカートゥーンは昨今あまり作られておらず、加えてついにニコラス・ケイジのスーパーマンが観られるかもとなれば胸が高まりますね。

参考url:https://www.comicbookmovie.com/superman/kevin-smith-would-love-to-see-his-superman-lives-script-as-an-animated-a147040
Eyecatch Image:http://www.blastr.com/2015-7-8/watch-first-10-minutes-new-death-superman-lives-documentary-right-now

Writer

小村健人村上 幸

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン) salarmko@outlook.jpお仕事の依頼はこちらへ。

Comment

  1. Ghost

    ケヴィンスミスは当初、ベンアフレックをスーパーマンにするつもりで脚本を書いてたのに、バートンが「ニコラスケイジをスーパーマンにしろ」と横槍入れたせいでお蔵入りになったから、結構複雑な思いがあるらしいけど、どうなんですかね?

    1. 小村健人

      ケヴィン・スミス本人の要望であり、鍵を握るのはWBでありますしベン・アフレックはバットマンを演じて好評でしたから様々な蟠りは時間が解決したということかもしれませんね。ニコラス・ケイジが出るはずだったスーパーマン映画がネットを通じて世界的な知名度を得たというのも大きいかと思われます。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly